ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント1

『ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント1』(ネコ光一著/オーバーラップ文庫)★★★☆☆

ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント 1 (オーバーラップ文庫)
ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント 1 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年9月刊。
前世が最強のエージェントだった少年が主人公の異世界転生モノ。
異世界召喚系は結構読んでいるのですが、実は異世界転生の作品ってあまり読んでなかったような気がします。
転生系お約束(?)の幼少期がちょっとダルくて・・・・・・。
でもこの作品はそんな幼少期に築き上げられる家族の優しい絆が素敵だしちょっと泣けてくるシーンもあったりして、最後まで飽きずに楽しく読めました。
1巻まるごとプロローグではあるものの、続きも期待したい新作です。

☆あらすじ☆
シリウス――かつて世界最強のエージェントだったが、仲間のために命を落とし、異世界に転生をしてしまった少年。
彼は、前世で果たせなかった『後継者育成』を目標とし、引き継がれた知識と経験をもとに、出逢った人々の生き方に大きな影響を与えていく。“師匠”として――そして、時に“憧れの男”として。
「失うものがないなら、俺についてこい。この世界での生き方を教えてやる」
最強のエージェントだった少年が、弟子と共に歩む異世界式育成ミッション、いまここに始動!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント1