Re:ゼロから始める異世界生活7


『Re:ゼロから始める異世界生活7』(長月達平著/MF文庫J)★★★★☆

Re:ゼロから始める異世界生活 7<Re:ゼロから始める異世界生活> (MF文庫J)
Re:ゼロから始める異世界生活 7<Re:ゼロから始める異世界生活> (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
Re:ゼロから始める異世界生活Ex 獅子王の見た夢 | 晴れたら読書を
2015年9月刊。
アニメ化決定おめでとうございます!
今回はいよいよ白鯨討伐へ。
少年向けラノベではとても珍しい(?)おじいちゃん表紙ですが、確かに内容を考えるとこれしかないですね。ヴィルヘルム、めちゃくちゃかっこ良かったです。もちろんスバルも!

☆あらすじ☆
度重なる死に一度は心を折られ、しかしレムの言葉に再起を誓ったナツキ・スバル。『死に戻り』した記憶を活かし、スバルは王選候補者であるクルシュやアナスタシアを巻き込み、魔獣『白鯨』の討伐に打って出る。

以下、ネタバレありの感想です。

 

「死に戻り」を重ね、苦渋と辛酸を嘗めたスバルだからこそ掴み取れたクルシュ陣営との同盟。そしてアナスタシアの協力。
序盤の交渉シーンでは、これまでのスバルの苦労が報われていく様子に、やっとここまでこれたんだなぁと感慨深くなりました。

 

そうしてついに物語は忌々しい白鯨との決戦へ。

白鯨戦の白熱っぷりはやばかったです!
対人戦じゃないバケモノ討伐でここまでバトルシーンが熱いのは素晴らしい。途中、白鯨が増えたときの絶望感は凄まじいものでしたが、それだけに掴み取った勝利に胸が震えました。
スバルの決死の作戦も格好良かったし、レムの愛も輝いていました(あそこマジで死ぬのかと思ったのに・・・・・・言質とられちゃった・・・・・・この作品のメインヒロインの座は誰の手に・・・・・・)

 

白鯨絡みで大きな存在感を発揮していたのは老兵ヴィルヘルム
白鯨へトドメを刺す直前に挟まれたヴィルヘルムの過去は、短いながらも老兵の妻への愛を感じられて涙腺を刺激するものでした。夫婦愛弱いんだ、私。彼らのその後を思うと、泣く。

ヴィルヘルムとラインハルトの確執が気になりますが、ここらへんは12月に発売される予定の外伝「剣鬼恋歌」でわかるのでしょうか。

 

ていうかまた外伝かー。
今回挟まれたヴィルヘルムの過去話はとても良かったので、外伝もきっと素晴らしい物語であるとは思いますし、かなり期待はしています。

でも、本編・・・・・・本編の続きが気になるのですよ・・・・・・(´;ω;`)

 

白鯨討伐はあくまで前哨戦。
魔女教の内部情報や白鯨との関係も明らかになってきましたし、因縁のユリウスとの和解も成功し、ヴィルヘルムたちを加えた念願の「戦力」獲得も達成。
レムとの絆も再確認して、これでようやくループから抜け出せそうな光が見えてきたわけです。
これから始まるエミリア救出作戦と魔女教殲滅戦に向けて、物語はかつてないほどの盛り上がりをみせていて・・・・・・

 

だからこそ、この続きが早く読みたいのに!

 

あああ焦らされるうぅうう(((゜Д゜;)))

スポンサーリンク
 
0

「Re:ゼロから始める異世界生活7」への2件のフィードバック

    1. WEB版!( ^ω^)

      7巻の続きめちゃくちゃ気になりますし、やっぱり今こそWEB版に手を付けるときなのかもですね(´・ω・`)
      書籍版をソワソワしながら待ちたい気持ちもありますが・・・・・・σ( ・ω-;)ウーン…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。