鳳凰の婚姻 なつかれ巫女の育てかた

『鳳凰の婚姻 なつかれ巫女の育てかた』(彩本和希著/集英社コバルト文庫)★★★☆☆

鳳凰の婚姻 なつかれ巫女の育てかた (コバルト文庫)
鳳凰の婚姻 なつかれ巫女の育てかた (コバルト文庫)

2015年9月刊。
国を守護する鳳凰の巫女に選ばれた少女が主人公の中華風ファンタジー。
巫女と神官が夫婦になって霊鳥を育てる、ということで巫女の主人公が婿選びをさせられる物語なのですが、なかなか手堅くまとまっている良い作品でした。
ファンシーな設定の割にほんのりと血生臭さを感じるところが特に好み。もっと掘り下げてほしいくらいなので、続刊に期待です。

☆あらすじ☆
翡翠村のはずれに、一人で暮らしている藍珠。気持ちをうまく言葉にできない内気な性格だが、動物にはいたく懐かれ、時には意思が通じることも。ある日、見慣れぬ鳥が藍珠の家の屋根にとまったことで、国を守護する「鳳凰君」という名の巫女に選ばれてしまった!強引に連れていかれた都で巫女としての最初の仕事は、「5人の花婿候補から1人を選ぶこと」という驚くべき事実を聞かされて…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鳳凰の婚姻 なつかれ巫女の育てかた