背景まで美しく描き込まれた表紙の良さを語りたい。(その1・少年向けライトノベル編)

宝石吐きのおんなのこ ~ちいさな宝石店のすこし不思議な日常~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

「ライトノベルの表紙」と言われて、最初に想像するのはどんなデザインでしょうか。
私がパッと思いつくのは「白い背景+手前にキャラ」という表紙。白くなくても単色背景のものは結構多いイメージがあります。

落第騎士の英雄譚<キャバルリィ>【電子特装版】 (GA文庫)冴えない彼女の育てかた<冴えない彼女の育てかた> (富士見ファンタジア文庫)世界の終わりの世界録<アンコール>1 再来の騎士<世界の終わりの世界録<アンコール>> (MF文庫J)

こういう表紙も嫌いではないのです。キャラの魅力が一点集中的に伝わってきますしね。

でも個人的に好きなのは、背景の隅々まで綺麗に描き込んである表紙。
街並みだったり屋内風景だったりと景色そのものは何でも良いのですが、日常を切り取った写真のような表紙が好きです。
そういう表紙は見ただけで「この本はこういう物語なのかな?」という想像がぐんぐん広がっていきます。
そうすると、ページを開く前から作品を楽しめて、なんだか得をした気分になるのです。

今回は、そんな背景まで繊細に描き込まれた美麗表紙のラノベを紹介していこうと思います(^^)/
内容についてはあらすじ引用に留めますが、ここで紹介しているのはどれも表紙だけでなく内容も面白いと思えた作品ばかりです。
ジャケ買いの参考にどうぞ!

※2015年9月23日追記

背景まで美しく描き込まれた表紙の良さを語りたい。(その2・少女小説&ライト文芸編) | 晴れたら読書を

少女小説&ライト文芸編を公開しました。こちらもどうぞ。

 

続きを読む 背景まで美しく描き込まれた表紙の良さを語りたい。(その1・少年向けライトノベル編)

七日の喰い神

『七日の喰い神』(カミツキレイニー著/小学館ガガガ文庫)★★★☆☆

七日の喰い神 (ガガガ文庫 か 8-7)
七日の喰い神 (ガガガ文庫 か 8-7)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年9月刊。
カミツキレイニーさんの新作は、人間を喰らう「マガツガミ」と戦う元祈祷士の青年と喰い神のコンビが活躍するダークファンタジー。
表紙の喰い神がやたら可愛くて、主人公との歪で容赦のない敵対的コンビ関係も魅力でした。
ストーリーは3章立ての連作短編形式でテンポよく進み、そこはかとなく漂う憂鬱な雰囲気がカミツキレイニー作品らしくて良かったです。
気になる謎が残ってますし、続けばもっと面白くなりそう。ぜひシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
神を憎む男の相棒は、人喰う神の少女。夏の猛暑のさなか、行方不明となっていた少年が凍った死体となって発見された。警察は事件の異常性から“マガツガミ”によるものと判断した……。古来よりこの国には人間に害を為す禍々しい神々“マガツガミ”が存在する。そして、それらマガツガミを討伐する特殊な力を持った者たちを“祈祷士”と呼んだ。連携し独自に組織を作り上げた祈祷士たちは、マガツガミたちと長きにわたり戦いを続けてきた――。そして現代、天才的な資質を持ちながら祈祷士としての道を捨てた男・古川七日と、可愛らしくも残酷な“喰い神”の少女ラティメリア。人間とマガツガミという許されざる異種間のコンビは、法や常識に縛られることなく、彼らなりの理由と方法でもって禍々しい神々を葬っていく。カミツキレイニー待望の新作は、「冷徹な最強の男」×「人を喰う神の少女」の異種バディもの! 共闘もするが、たまに殺し合いもする……そんなコンビが見せるダークファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七日の喰い神

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。2

『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。2』(CHIROLU著/HJ NOVELS)★★★☆☆

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。2 (HJ NOVELS)
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。2 (HJ NOVELS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 | 晴れたら読書を
2015年9月刊。
ラティナ可愛すぎる小説第二弾。
主人公の親バカがとどまるところを知りませんw
今回はそんなデイルのルーツが知れる里帰り旅行編。
溺愛の背景が分かると、彼の親バカっぷりになんだかほっこりしてしまいました。

☆あらすじ☆
訳有り魔族少女ラティナの保護者となって、早二年。可愛すぎるラティナとの生活も順風満帆な凄腕冒険者の青年デイルは、とある事情から実家のある故郷ティスロウへと帰省することに。そこでデイルは家族への紹介も兼ねて自分の故郷にラティナを連れて行くことにするのだが――「海だぁーっ! デイル、デイルっ! 海、海っ、行ってもいいっ!?」「ラティナは本当に可愛いなぁ……」――初めての長旅で目を輝かせる娘を前に、保護者の親バカも絶賛進行中!?新たな出逢いや発見も満載な、大人気アットホームファンタジー、第2幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。2