この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ この素晴らしい世界に爆焔を!1 めぐみんのターン


『この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ この素晴らしい世界に爆焔を!めぐみんのターン』(暁なつめ著/角川スニーカー文庫)★★★☆☆

この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ この素晴らしい世界に爆焔を!めぐみんのターン<この素晴らしい世界に祝福を!> (角川スニーカー文庫)
この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ この素晴らしい世界に爆焔を!めぐみんのターン<この素晴らしい世界に祝福を!> (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
この素晴らしい世界に祝福を!4 鈍ら四重奏〜ナマクラカルテット〜 | 晴れたら読書を

2014年7月刊。
このすばスピンオフで、まるまる1冊めぐみんの過去話。
紅魔の里の中二病っぷりに震える・・・・・・!

☆あらすじ☆
「上級魔法を習得してこそ一人前。爆裂魔法はネタ魔法」そんな紅魔の里の教訓とは裏腹に、めぐみんは爆裂魔法習得を目指し、勉学に励んでいた。ある日、学校から家に帰ると妹のこめっこが謎の黒猫を抱えていて!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

なぜ、めぐみんがあれほどまでに爆裂魔法にこだわっているのか。

その謎が明かされるめぐみん主役のスピンオフ第1弾。
正直その謎にそこまで興味ないんだけど・・・・・・とか思ってた割に面白かったですw

 

めぐみんのこだわりも、あそこまで突き詰めてしまえば高尚なものを感じる(のは多分気のせい)
でも「ネタ魔法」だとバカにされても、将来苦労すると分かっていても、自分がこれと決めた道を邁進するめぐみんはちょっと格好良かったです。

 

そして、紅魔の里といえば本編登場済みのめぐみんも出てくるわけで。
予想以上に百合百合しいですね、この子たちw
でも女の子同士の可愛くて素直じゃない友情に癒されました(´,,•ω•,,)♡

 

あと、ちょむすけの正体は笑うしかないww
ちょむすけを復活しようと頑張ってたホーストさんは再登場するのでしょうか。ぜひその時は大物風魔性の妹こめっこの使い魔としてお願いします。

 

気楽に楽しめるスピンオフでした。
紅魔の里の中二っぷりも笑いまくったけど、最後のCAST一覧でネーミングに思わず真顔。この一覧、なんか見覚えあると思ったらクラスメイト全員のあだ名が書かれたクラスTシャツだわ。これが本名か・・・・・・

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。