空と鏡界の守護者


『空と鏡界の守護者〈エフィラー〉』(小椋春歌著/ビーズログ文庫)★★★★☆

空と鏡界の守護者 (ビーズログ文庫)
空と鏡界の守護者 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年9月刊。
待望の小椋春歌新作は、魔物討伐の専門家を養成する学園が舞台のファンタジー。
少女小説では比較的珍しい年下ヒーローと、彼の熱烈わんこっぷりにドン引きする落ちこぼれヒロインが主人公です。
やはり小椋ヒーローといえば変態ちっくなストーカー予備軍・・・・・・今回も期待に応えるハイテンションラブコメでとても楽しかったですw
それと、本作は今まで以上に周囲を固める脇役が光っていたと思います。特にヒロインを見守る女友だちと先生。愛が重そうな感じにワクワク。
ストーリーも一筋縄ではいかない気になる展開が続き、ラストまでドキドキと楽しく読めました。
1冊で綺麗にまとまっていますが、「魔物を討伐する精霊術士」という設定は面白いし、最近減ってきている学園モノなのでぜひシリーズ化してほしいです(*゚▽゚)ノ

☆あらすじ☆
術を掛け合わせる【連祷】で倍の力を生み出し、魔物を倒す精霊術士。誰とも連祷ができない落ちこぼれのエリルは、ある事件がきっかけで二学年下の『天才』少年リトと、生まれて初めての連祷に成功! だが、初体験の衝撃に気絶してしまう。気付けばエリルは、彼に思いっきりキスをされていた――。「先輩は、俺の憧れなんです」って、なんで優等生の彼が私に……!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

物語の舞台は魔物を倒す精霊術士を養成する学園。
そこに入学してきた「天才」リトが出会ったのは、おちこぼれの先輩エリル
上級生にからまれたリトのトラブルに巻き込まれたエリルは、誰ともできないはずの「連禱」に初めて成功。しかし、その弾みで学園を守る結界を壊してしまって・・・・・・というのが序盤のストーリーでした。

ここから、結界破壊の責任問題とか退学の危機とか上級生の正体とか、意外な方向に話がどんどん展開し、一体エリルとリトはどうなってしまうのかハラハラしながら一気に読んでしまいました。
ラストに綺麗にまとまったところまで含めて、最後までとても面白かったです。

 

ストーリーも良かったのですが、設定も好み。
特に「連禱」という設定が良い!2人の力を混ぜ合わせて強い力を生み出すとか、そういうの大好物ですw

リトが隠していた秘密とか、エリルが誰とも連禱できず弱い力しか使えない理由とか、連禱や精霊術にはまだ何か秘密がありそう。
世界観の方も気になるなぁ。「精霊王」の話とか。
ぜひ続刊を出して、このへんを掘り下げてほしいところ。

 

そして楽しみにしていたラブコメパートは期待に応える面白さでした。
やはり小椋作品と言えば鼻息荒い系のヒーローですよね!だいぶ愛が暴走してる感じの!!
あとがきで『台詞を全部「わんわんわん!」に変換しても読めるようなヒーロー』を目指したとあって、なるほどと笑ってしまいましたw
確かにわんこ系。容赦なくじゃれすぎて「ちょ、ちょっと、やめっ!・・・・・・いい加減にしろ!!」って怒られる感じですねわかります。

今までの小椋作品の中だと、デビュー作「恋する王子」シリーズのヒーローに近いかな。
でもリトは「後輩」という響きから連想するような、独特の可愛らしさがあるところが良かったです。
リトと接するエリルもどことなく「優しいお姉さん」な雰囲気が出てましたしね。包容力抜群。

 

そして今回は脇役たちがとても光ってました!
特にターニアハイヤーン先生が素敵。
ターニアは下手しなくても百合寄りな親友でしたが、彼女がどうしてこんなにエリル大好きなのかは理由がありそう。気になります。
ハイヤーン先生はぜひ当て馬へ!ぜひ!w
メガネ?メガネはいいや。

 

ラストシーンはなかなか良かったです。
「ほだされる」に全力同意。

 

今回も期待に応える面白さでした。
まだ掘り下げられそうな謎が残っているので、続けられそうかな。
とてもシリーズ化してほしいです!2巻待ってます( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。