黒猫の遊歩あるいは美学講義(黒猫シリーズ1)

『黒猫の遊歩あるいは美学講義』(森晶麿著/ハヤカワ文庫JA)★★★★☆

黒猫の遊歩あるいは美学講義 (ハヤカワ文庫JA)
黒猫の遊歩あるいは美学講義 (ハヤカワ文庫JA)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2013年9月刊。初出は早川書房2011年10月刊。
エドガー・アラン・ポーの作品や様々な文学・芸術作品をモチーフとした謎に、大学教授「黒猫」と彼の付き人の女性が挑む連作短編ミステリー。
正直、色々と教養が足りず理解できたとは言えないのですが(難しかった・・・)、さらさらと流れるように紡がれる物語に惹き込まれるし、「講義」も謎もとても面白かったです。
まぁ私としては黒猫と〈私〉の関係が好みだったので、もうそれだけで読む価値があったと言えるかも。

☆あらすじ☆
でたらめな地図に隠された意味、しゃべる壁に隔てられた青年、川に振りかけられた香水、現れた住職と失踪した研究者、頭蓋骨を探す映画監督、楽器なしで奏でられる音楽……。日常のなかにふと顔をのぞかせる、幻想と現実が交差する瞬間。美学・芸術学を専門とする若き大学教授、通称「黒猫」は、美学理論の講義を通して、その謎を解き明かしてゆく。
第一回アガサ・クリスティー賞受賞作!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 黒猫の遊歩あるいは美学講義(黒猫シリーズ1)