こうして彼は屋上を燃やすことにした

『こうして彼は屋上を燃やすことにした』(カミツキレイニー著/小学館ガガガ文庫)★★★★★

ガガガ文庫 こうして彼は屋上を燃やすことにした(イラスト完全版)
ガガガ文庫 こうして彼は屋上を燃やすことにした(イラスト完全版)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2011年5月刊。
「憂鬱なヴィランズ」のカミツキレイニーさんのデビュー作で、第5回小学館ライトノベル大賞・ガガガ大賞受賞作。

傷心の主人公が屋上で出会ったのは、「オズの魔法使い」のキャラをもじった奇妙な3人組。
「どうせ死ぬなら復讐しよう」の台詞から、一体どんな怖い話になるのかと思いきや、予想以上に爽快な青春ジュブナイル小説でした。
屋上にしか居場所がない4人は、それぞれが傷ついて、苦しんで、立ち止まってしまっていて。
けれど、どれだけ傷ついてもいつかはそれを笑える日がくるんだよ、と励ましてくれるような作品でした。とても素晴らしかった!

☆あらすじ☆
彼氏にフラれた私・三浦加奈は、死のうと決意して屋上へ向かう。けれどそこで「カカシ」と名乗る不思議な少女、毒舌の「ブリキ」、ニコニコ顔の「ライオン」と出会う。ライオンは言う。「どうせ死ぬなら、復讐してからにしませんか?」そうして私は「ドロシー」になった。西の悪い魔女を殺すことと引き替えに、願いを叶える『オズの魔法使い』のキャラクターに。広い空の下、屋上にしか居場所のない私たちは、自分に欠けているものを手に入れる。第5回小学館ライトノベル大賞・ガガガ大賞受賞作。心に残る、青春ジュブナイル。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む こうして彼は屋上を燃やすことにした