階段坂の魔法使い 恋からはじまる月曜日


『階段坂の魔法使い 恋からはじまる月曜日』(糸森環著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

階段坂の魔法使い 恋からはじまる月曜日 (角川ビーンズ文庫)
階段坂の魔法使い 恋からはじまる月曜日 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年8月刊。
糸森環さんの新作!
期待通り、めちゃくちゃ面白かったです( ・ㅂ・)و ̑̑
産業革命期の英国を舞台にした、ひねくれ者の魔法使いと呪いを持った少女のフェアリーテイル。
素直になれない魔法使いと主人公のすれ違った距離感に悶えさせられましたw
今まで読んだ糸森環作品の中で一番笑ったかもしれません (*´罒`*)
鳥や動物が手紙を配達してくれる「鳥獣郵便」という童話的な設定も、郵便事故の真相を追っていくストーリーもとても面白かったです。
これはシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
ジュディは触ったもの全てを眠らせる。そのせいで養父に疎まれ悪名高い“階段坂の魔法使い”と婚約することに!なのに魔法使いから結婚するつもりはないと拒絶され、帰る所のないジュディは彼のもとに居座るが…?
「花神遊戯伝」の著者が贈る、悪い魔法使いと少女のフェアリー・テイル!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

呪いを持ってしまったために「眠らせ姫」と呼ばれ、他者から恐れられる孤独な毎日を送ってきたジュディ
そんな彼女の日常は、「階段坂の魔法使い」ルイスから婚約を申し込まれたことで一変するのです。

ルイスとの婚約は手違いだったものの、彼の「鳥獣郵便」の工房で働くことになったジュディ。
物語は、そんなジュディの新しい生活を描いていきます。

 

「鳥獣郵便」という設定がとにかく楽しい作品でした。
もふもふ!もふもふがいっぱい!!
糸森作品は魅惑的なもふもふがよく出てくるのですが、その真骨頂みたいな作品ですねこれはw
可愛いもふもふが図書や手紙を音読してくれるというのも素敵。
こんな郵便ならぜひ愛用してみたいです(´∀`*)

 

もふもふだらけの夢のような職場で、ジュディはとても一生懸命に工房の仕事をこなしていきます。

そんな彼女の周りをうろちょろするのが、銀狼リンと魔法使いの友人ヴィクター
こいつらの正体についてはお察しどころの話ではなく、知らぬはジュディばかりなり、な状況がとても楽しいのですw

特にリンはほんと可愛すぎです。そしてチョロい。
何気にベッドに潜り込んでるところからニヤニヤさせられましたが、「この女、心得ている。」には爆笑でしたw

 

ツンツン魔法使いは本当にあっさり落ちてしまいましたが、ジュディの孤独とルイスの孤独は似たところがあるから、惹かれ合うのも当然なのかも。
それに、どんな悲運に見舞われても凜として前向きなジュディは素敵でしたから。魅了されちゃうのも仕方ない。

ルイスのチョロインっぷりは良いとしても、「絶対結婚しないもんね!」っていう永久誓約の呪いはどうするつもりなんでしょう。
ヴィクターの正体も隠したまんまだし、ルイスは色々ドジっこすぎるw

 

そういえば、ルイスは謝罪のへたくそっぷりも最高でした。
文通のときもそうですけど、この人素直じゃない上に絶望的に口下手すぎだと思うのです(いや口説くテクニックはあるんでしょうけど)。
特に終盤の、鳥獣郵便を大量に使って「悪かった」「僕を許すべきだ」からの「そうだ、弟子にしてやろうか!」は私の腹筋を試しすぎてる。

 

ルイスのドジっこぶりに萌えつつも、ストーリーも良かった本作。
後半は鳥獣郵便のトラブルへと移っていくわけですが、正直そちらよりもラストで明かされるジュディの呪いの秘密の方が印象的でした。

呪いを受けたことで、人に拒絶され、そのために人恋しさを募らせてきたジュディ。
そんなジュディの不自然なまでの前向きさや健気さ、そして伯母の親身な態度の理由に、真実が明かされてやっと納得がいきました。同時に切なくもなってしまいましたが。
特にケニーの手紙は涙腺を直撃。もっと早くわかり合えていれば・・・・・・。
いつか呪いが解けて和解のハグができるようになればいいなぁ、と思わずにいられませんでした。

 

とても面白い新作でした。大満足!

余談ですが、「空が泣き出す金曜日」みたいな出だしで始まるのすごく良いですね。
あの一文から1日が始まると、童話とか絵本を読んでる気分になって心が和みます。

 

次巻もきっとあると信じて。2巻が楽しみです!

スポンサーリンク
 
0

「階段坂の魔法使い 恋からはじまる月曜日」への4件のフィードバック

  1. みかこさん こんばんわ。
    最近、糸森先生の作品を読み始めまして、こちらの作品も読ませて頂いたのですが、とてもおもしろくて、みかこさんの感想を、ちょう うなずいて読んでいました・・!!

    どの鳥獣たちもすごく可愛らしくて、どなたかアニメ化して頂きたい・・と思いながら読んでしまいました・・ 個人的にはペンギンがお気に入りでした。
    そして、ルイスのチョロインっぷりwwに、「あれ?!前のページの厳しさ・・あれ?!!」ってなりましたがおもしろかったです!
    そして文通のあたりでニヤニヤが止まりませんでした・・!!

    最後のケニーの手紙もよかったですね・・最後の一文がもう・・
    (;д;) すごくすきでした・・
    まだ解決してないこともあるので、続編出るといいですよね(^^)
    永久制約の呪い・・・・ほんとにドジっこうなずけます・・

    あと余談なのですが、「恋と悪魔と黙示録」シリーズと「F」も読みました(^^) ブログで紹介されていたのが気になって読み始めたのですが、どちらもすごくおもしろかったです!!(^○^)
    「恋と~」の続巻も楽しみですね!
    そして「F」も続きを出すべき・・!!!!!(;д;)
     

    1. トウさん、コメントありがとうございます。

      この作品めちゃくちゃお気に入りなので、感想に共感してもらえて嬉しいです(o´罒`o)
      鳥獣たち可愛かったですよねぇ。ルイスのチョロインっぷりも!w「ちょ、チョロすぎる・・・!」と声に出して笑いたいヒーローでしたww
      ケニーの手紙は泣けますよね。優しさが沁みました。
      まだまだ癒されたいのでぜひ続編出してほしいです( ・ㅂ・)و ̑̑

      「恋と悪魔と黙示録」も「F」も素晴らしいですよね!出会いのきっかけになれたなら本当に嬉しいです・・・・・・!
      恋と悪魔の方はクライマックス間近で超盛り上がってますよね。続きが待ち遠しいです。
      ちなみに、糸森さんは同じ一迅社文庫アイリスから「六花爵と螺子の帝国」という新作も出されていて、11月に2巻が発売予定です。もし未読ならこちらも是非どうぞ。とても面白かったですよ!

      「F」の続き、本当に出して欲しいですよね。あれを終わらせてしまうなんてもったいなさすぎます(´;ω;`)

      糸森作品は、あと「she&sea」シリーズ(角川書店)と「花神遊戯伝」(ビーンズ文庫)もオススメです!
      s&sは単行本価格ですし、花神遊戯伝は序盤が少し読みにくいところが難なのですが・・・・・・ただ、どちらもしっかり面白いのでお時間あるときにでも(/ω・\)チラッ

  2. みかこさん こんばんわ。

    自分の守備範囲では出会えなかったジャンルの小説だったので、「すきだなー!!」と思えるものに出会えるのがとてもうれしいです。
    なので、こちらこそありがとうございますなのです!!ヽ( ´¬`)ノ 
    少女小説系に関しては、ほんとに超初心者なのでみかこさんの感想をものすごく参考にさせて頂いています・・!

    糸森先生の一迅社文庫新作と、既刊はまだ読めていないのですが、とても気になっているので、できればすこしずつ読みたいと思います~! おすすめ頂いてありがとうございます!!(*^ワ^*)

    「F」は先生のサイトで続きを読んでしまって、、、「ほんと・・!!文庫でつづきを・・!!(ノД`)」ってなってました・・。
    もし続巻が出たら、ぜひみかこさんの感想をお聞きしたいです・・!!

    1. 私の感想がお役に立てたようで・・・・・・そう言っていただけて本当に本当に嬉しいので、むしろこちらこそありがとうございます!!トウさんの優しいお言葉がもらえて、ブログをやってきて良かったと感動してます(;ωq`)

      糸森作品以外にも面白い少女小説はたくさんあるので、ぜひぜひ少しずつお手にとっていただければ(*´∀人)

      「F」が文庫で続きが刊行されたら速攻で感想を書きます!!絶対書きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。