筺底のエルピス2 夏の終わり

『筺底のエルピス2 ー夏の終わりー』(オキシタケヒコ著/小学館ガガガ文庫)★★★★★

筺底のエルピス 2 -夏の終わり- (ガガガ文庫)
筺底のエルピス 2 -夏の終わり- (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
筺底のエルピス ー絶滅前線ー | 晴れたら読書を
2015年8月刊。
SF鬼退治シリーズ第2弾。
今回もめちゃくちゃ面白かったです。1巻はその半端ない出来映えに感動していましたが、2巻でこのシリーズは傑作だと確信。
今回のストーリーは控えめに言って、かなりヤバイです。
表紙の楽しげな空気はどこへやら。物語はどんどん予期せぬ方向に進み、最後は衝撃の展開へ。
SF的な雰囲気も加速し、色々とヒートアップしています。本当に素晴らしい!

☆あらすじ☆
新たなる柩使いたち。《門部》最大の危機。殺戮因果連鎖憑依体――古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきたその存在は、感染する殺意であり、次元の裏側から送り込まれた人類絶滅のプログラム。人類の世界にこれまで六度、虐殺と大戦争をもたらしてきたという白い鬼。その七体目の憑依者を巡るバチカンとの戦いを経て、ひとりの少女を保護することになった《門部》だったが、流星群が天を薙ぐ真夏の一幕の裏で、世界の運命は大きく狂いだそうとしていた。謎に包まれた第三の鬼狩り組織の襲来。情報統制を敷く《門部》式務。そして、それに抗おうとする離反者たち。様々な思惑が交錯する中、恐るべき柩使いと青鬼の出現によって、平和な夏が切り刻まれていく。第三勢力《THE EYE》とはいかなる組織なのか。式務が隠し通そうとする秘密とは何なのか。そして《白鬼》を守るべく戦う封伐員・百刈圭たち待ち受ける、恐るべき運命とは――。人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩、激動の第二章。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 筺底のエルピス2 夏の終わり

毒蛇姫の宮廷菓子

『毒蛇姫の宮廷菓子〈アントルメ〉』(葵木あんね著/小学館ルルル文庫)★★★☆☆

ルルル文庫 毒蛇姫の宮廷菓子(イラスト完全版)
ルルル文庫 毒蛇姫の宮廷菓子(イラスト完全版)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2013年6月刊。
すさまじく菓子テロラノベでした・・・・・・ケーキ食べたくなること必至。
5回の政略結婚で全ての夫に先立たれた美貌の王女。彼女の6人目の夫となるのは「野獣王」と呼ばれる勇猛果敢な若き国王。
二人のとある勘違いから始まる新婚生活は、最初はコメディたっぷりに、最後はお砂糖たっぷりのダダ甘ラブコメへ。
ちょっとしたシリアスをスパイスに、綺麗にまとまった良いラブコメだと思います。面白かった!

☆あらすじ☆
氷の魔女×野獣王のラブバトル新婚生活!?ユリアーニャは美人で無愛想な王女。高圧的な父の元で臆病に育ち、上手く笑えない。幼い頃から五回の政略結婚を重ねてきたが、すべて夫の頓死により実家に戻ってきた。まだ処女。夫が死んだのは彼女のせいでは…と噂されている。「氷の魔女」「美しい毒薬」などの異名を持つ。本当はすべてたまたまなのに…実は甘い物が大好き。でも厳格な父の手前、隠している。そんな彼女が今回、不退転の決意で嫁ぐのが、隣国の若き王・レオナルド。国を継いだばかりで後ろ盾が欲しい彼は、彼女の不吉な噂に怯えながらも政略結婚を受け入れる。戦場の勇者で大柄で強面だが、実は×××な趣味があり…!?お互いにお互いを内心怖がりながらも、なんとか始まる新婚生活は波瀾万丈で…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 毒蛇姫の宮廷菓子

これから「薔薇のマリア」を読む方へ(読む順番や注意点など)

薔薇のマリア 14.さまよい恋する欠片の断章 (角川スニーカー文庫)

すでに完結している「薔薇のマリア」。性別不詳の美貌のクラッカー・マリアローズの冒険と成長を描く壮大な長編ファンタジーです。

一部絶版されており(Verシリーズ)、なかなか新刊で買うのが難しくなっているようですが、電子書籍ではいつでも買えます!(あと中古でも・・・)
巻数は多いですが、是非挑戦してほしい素晴らしい作品です。

「薔薇のマリアってどんな話?」と気になった方は是非こちらの評論をご一読ください。とても参考になります。

MMO-RPG小説の先駆け 薔薇のマリア(ラノベ漂流20年 前島賢の本棚晒し)

ところで、「薔薇のマリア」には本編とは別に「Ver」シリーズというサイドストーリー集があるのですが、先にVerを読んでおけば本編が100倍楽しめる!という場面が存在します。

つまり「薔薇のマリア」には実際の刊行順と少し異なる、読むためのオススメの順番が存在するのです。

残念なことに、私が薔薇マリ挑戦時に参考にしていたサイトが消失していたので、一応、うちのブログでもメモ書きとして推奨順を残しておくことにします。
新しく薔薇マリの世界に出会う方の参考になりますように。

続きを読む これから「薔薇のマリア」を読む方へ(読む順番や注意点など)