路地裏バトルプリンセス3


『路地裏バトルプリンセス3』(空上タツタ著/GA文庫)★★★★☆

路地裏バトルプリンセス 3 (GA文庫)
路地裏バトルプリンセス 3 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
路地裏バトルプリンセス2 | 晴れたら読書を
2015年8月刊。
水着回!・・・・・・てことは女装コス趣味の主人公は・・・・・・(((゜Д゜;)))
「血闘」の方は新局面へ。面白くなってきました!

☆あらすじ☆
「デートなさい。恋愛は先手必勝の戦いじゃなくって?」
日月と來未の師弟関係に危機感を募らせていた小町に対して、ある日囁かれる親友・茜からの悪魔の囁き。(……そ、そうよね。來未さんにオトされちゃうかもしれないし) こうして一大決心した小町は、茜のアドバイスのまま“身体”を使って大胆アプローチ!?
「……日月、プール行かない?」
一方路地裏で再開した≪血闘≫は早くも大盛り上がり。注目ルーキー≪二代目魔王少女≫の次戦はもちろん、近々トップランカー同士の下極上戦があるようで――。恋もバトルも一撃必殺!
白熱の路上バトルアクション第3弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

前半はプール!
水着・・・・・・日月は・・・・・・と戦々恐々していましたが、予想外に良識的な主人公でした。良かった(だって女子校潜入の前科があるし)

前半のラブコメパートは今までになく小町が一生懸命。
なんかもう健気に一生懸命すぎて「あと少しだよ!がんばれ!」って応援したくなるヒロインです。
日月が最近稀に見るレベルの鈍感主人公なせいもあります。「熱中症」はない。あそこはガクっときましたw

 

そして後半は「血闘」へ。
來未の19位戦は、彼女の潜在能力の高さを示す感じでした。どこまでも強くなりそうこの子。

 

今回のメインキャラともいえる香子と隆二の話はなかなか面白かったです。
「血闘」に対する考え方の違いが、想い合う二人をすれ違わせる。終盤の展開はとても切なかったです。
私としては隆二の「好きな女を傷つけたくない」という気持ちの方が理解できますが、血闘者には血闘者のポリシーがあるってのがこの作品のミソですから。香子の考えが異質というわけでもないのが面白いところ。
そんな二人がすれ違いを乗り越えて向き合う、最後の殺し愛(殺さないけど)展開は熱くて良かったです。譲れない想いのぶつかり合いがひしひしと伝わってきて、最高でした。

 

日月は第二位・丸木戸左道との下極上戦へ。
第二位、すごい名前だなって思ってたら名前に負けない戦闘快楽者でちょっと面白い人でしたw
それにしても日月はやっぱり強いなぁ。正体ばれないように気が散っててアレとか。本気出したらどうなるんでしょう。

 

あとがきで言われて気づきましたが、今回の日月は女装してないんですね。
結局最後の二位戦も素顔&普段着で挑みましたし。
そもそも登録も本名でやっちゃって、身バレ気にしないのでしょうか。とりあえず二つ名には何か笑ったw

 

さて、次回こそいよいよお師匠様回の様子。
一気に駆け上がったトップの座を守り抜けるのかどうか。

 

そして日月・小町・來未の三角関係もそろそろ決着がつきそう?
小町はラストは本っ当にがんばった!ぜひ報われてほしいな・・・・・・

 

4巻も楽しみです( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。