Elysion 二つの楽園を廻る物語(下)


『Elysion 二つの楽園を廻る物語(下)』(十文字青著/角川書店)★★★★☆

Elysion 二つの楽園を廻る物語 (下)
Elysion 二つの楽園を廻る物語 (下)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
Elysion 二つの楽園を廻る物語(上) | 晴れたら読書を
2015年6月刊。
SoundHorizonのアルバム「Elysion」のノベライズ下巻。上巻はアルバムを聴かずに読んだのですが、下巻は予習ばっちりで挑みました( ・ㅂ・)و ̑̑
やはり原曲を知っていた方が数倍楽しめますね。青先生の技巧に唸るしかない。
この仄暗く鬱々として狂気的な世界は本当に最高です。

☆あらすじ☆
幾度も開かれる扉。廻る楽園。仮面の男が繰り返すのは果たして悲劇なのか。世界は終わり、そして始まるだろう。娘は収穫を誤り、姉は妹を犠牲にされ、女は星屑に踊らされる。果てなき物語にもたらされる答えとは?避けられぬ罪と、悲しき祈りが紡ぐ異なる地平線の全てが今、明かされる。さあ、心に深い傷を負う者よ。その心に深い闇を飼う者達よ。あの仮面を被った笛吹き男が待っている。「―楽園パレードへようこそ!」

以下、ネタバレありの感想です。

 

「Yield」
A.E.2194。
あっあっ!!!そういうこと!?って衝撃がすごかった話。いや解釈のひとつなのは分かっていますが・・・・・・
「3ー1+1ー2」が謎すぎたんですが、この解釈がすんなり入ってきました。
この曲って猟奇的なラストを迎えるので、読む前からビクビクしていたのですが、それより更に悲惨な物語が展開されて唖然。
終盤の怒濤の狂気が十文字節全開で最高でした。

 

「Lの楽園[→side:E→]」
A.E.1922。
上巻「Lの天秤」の続き・・・・・・かと思ったんですが、年代が合わない、だと?(そもそもA.E.は年代じゃないのか?)
でも登場人物名とかは一致してるし、どういうこと???
何度も繰り返しているってことでしょうか。
歌詞の組み込み方が巧すぎませんか。すごい。

 

「Sacrifice」
A.E.2278。
これもまた「ああそういう解釈でいけるなっ!」と唸らされる1本でした。
この話でも、歌詞と物語があまりにも違和感なく溶け込んでいて、それでいて歌詞の部分は光るという、まさに職人芸。

エリスが疎んじて憎みながらも、懸命に愛し守ろうとしたたったひとりの妹。
そんな妹の末路の悲惨さは、わかっていても苦しくて辛くて頭をかきむしりたくなります。
そういえば途中で母と妹がかかった病気って。まさか。

 

「Lの楽園[→side:A→]」
A.E.1999。
side:Eの年代の違和感はここに答えがあるのかな。と。
何度も繰り返す「エリス」と「仮面の男」。
忘却のレテによって、仮面の男は全てを忘れ、何度でもエリスを探し求めるのか・・・・・・

 

「StarDust」
A.E.2450。
これは何というか、唐突に現実的な悲しい愛の物語になってしまって、その鬱々としたリアルさが辛かったです。
しかもArkと絡めてくるとか。
箱舟市やウォッチャーが出てきてクエスチョンマーク乱舞。前話で箱舟教団が世界でテロを起こしてるっぽいことが出ていましたが、世界を制した???
上巻からきちんと通して読めば、もう少し繋がりが見えてきそうですね。

それにしても、この話は恋に狂う女の物語として一番印象的でした。
他の「エリス」と同じように狂気的ではあるのですが、その狂気がなんだか身近というか。
原曲のラストシーンにつながるまでの、エリスの恋があまりにも幸せそうで、その崩れていく様があまりにも惨たらしくて。
無理だとわかっていても、彼女には幸せになってほしかった(´・ω・`)

 

「笛吹き男とパレード」
A.E.9999。
楽園パレードでまとめたか!来る者は拒まないが、去る者は決して赦さない!!
エリスたちが仮面の男と出会った後の末路にパレードを持ってくるのは歌詞に沿ってますけど、組み込まれた彼女達がボロボロすぎて堕ちるところまで堕ちている感がやばいです。

それはいいとして最後の「ラフレンツェ」「オルフェ」ってどういうこと!?
仮面の男の正体がオルフェなのはいいとして、少女の正体がラフレンツェ?なるほどわからぬ・・・・・・

 

 

細部が不透明、全体像も不鮮明。キーワードに謎は多く、説明も不十分。
ですが、これでいいのではないでしょうか。このモヤモヤとする読後感が良いのです。大体の世界観は掴めましたしね。
それに1曲ごとのエピソードはどれも秀逸でしたし、私としては大満足です。

面白いノベライズでした!この本をきっかけにサンホラを聴きまくってる私としては、他のアルバムもぜひ青先生にノベライズしてほしいです(´,,•ω•,,)♡

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。