北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし』(江本マシメサ著/宝島社)★★★★☆

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

2015年8月刊。
一目惚れして連れ帰ったお嫁さんと送る、雪国ほのぼの夫婦生活(仮)。
旦那さんが嫁の男前っぷりに惚れ込んでいくところが可愛くて仕方なかったです。そしてお嫁さん視点でニヤニヤ大爆発w
夫婦の可愛さに萌え転がる一方で、北欧先住民の暮らしぶりがとても丁寧に描写されており、読み応えは抜群。巻末参考資料の多さにも納得です。
お嫁さんと一緒に少しずつ雪国の生活を知っていくためか、なんだか北欧の暮らしを体験している気分にもなれました。
とても面白かったです!

☆あらすじ☆
極寒の地を治める伯爵・リツハルド。男前の元軍人・ジークリンデ。彼女の鋭い眼差しに心奪われたリツハルドは、思わず告げる。
「あっあの、自分と結婚して下さい!!」
一目惚れからはじまる、1年間のお試し婚。ソリを駆ってトナカイを狩り、解体&仕分け&熟成。ベリーを摘み、保存食に蝋燭&伝統工芸品も作る合間に、凍結湖で魚釣り。熟成肉の香草焼きに、トロけるチーズとパリパリソーセージ、木の実いっぱいのパンとほかほかサーモンシチュー。自給自足な狩猟民族的スローライフを通して、奥手な2人は無事、正式な夫婦になれるのか!?
応募総数6284作! 日本最大級のライトノベルコンテスト「第3回なろう(小説家になろう)コン大賞、金賞受賞作!!
オーロラ輝く辺境ではじまる、不器用夫婦(仮)のほのぼの生活、スタートです。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

翼の帰る処3 歌われぬ約束(上)

『翼の帰る処3 歌われぬ約束(上)』(妹尾ゆふ子著/幻冬舎コミックス)★★★★☆

翼の帰る処 3 ―歌われぬ約束― 上
翼の帰る処 3 ―歌われぬ約束― 上

前巻の感想はこちらから
翼の帰る処2 鏡の中の空(下) | 晴れたら読書を

 

 

2012年12月刊。初出は幻狼ファンタジアノベルス2010年7月刊。
働けば働くだけ追い詰められるヤエトの物語第3弾。
今回は爆弾大量投下でひたすらハラハラしました(;`・ω・)

☆あらすじ☆
望んでもいないのに四大貴族の一角“黒狼公”に出世してしまったヤエトだったが、その隠居願望と病弱さは変わらぬまま。どこで倒れたのか気がついたら、皇女のいる北嶺国で看病されている始末だった。そんな折、ヤエトは、前の“黒狼公”妃であった皇妹から「復縁」を提案される。激しく動揺するヤエトに追い打ちをかけるように、宿敵・北方蛮族の使節が北嶺国を突然訪れ、相互和平のため人質交換を要求し…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 翼の帰る処3 歌われぬ約束(上)