我がヒーローのための絶対悪2

『我がヒーローのための絶対悪〈アルケマルス〉』(大泉貴著/小学館ガガガ文庫)★★★★★

我がヒーローのための絶対悪 2 (ガガガ文庫)
我がヒーローのための絶対悪 2 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
我がヒーローのための絶対悪〈アルケマルス〉 | 晴れたら読書を

 

2015年8月刊。
待ちに待った第2巻。
最高だった1巻からの期待を裏切らない、良質なピカレスクロマンとなっていました。やはりこのシリーズは良い!!
怪人達を束ねる悪の総帥である主人公と、その最大の敵にして最愛の幼なじみである正義のヒーロー。
ふたりの「良き闘争」は、様々な思惑に巻き込まれながら、次なる段階へと進むのです。

☆あらすじ☆
少年は悪へと身を落とし続ける――。
正義のヒーロー・ガイムーンの勝利に終わった、あの正義と悪の激闘から二週間。 かつて正義に屈したと思われていた悪の総帥の出現に人々は恐怖したものの、時間が経つにつれてまた月杜市は平穏を取り戻しつつある。悪の組織・新生リヴァイアサンもそれ以来、表立った活動は控えていた。だが二代目ヘルヴェノム卿――沖名武尊はまだガイムーン打倒を諦めてはいなかった。 一方そのころ、二代目ヘルヴェノム卿の存在を重く見たリヴァイアサンの元幹部である第一種たちはヘルヴェノム卿の抹殺を画策。さらにミアも本来味方であるはずの【財団】の思惑により思いがけないピンチに晒されてしまうこととなる――。 第一種、【財団】、そして新たな存在「外種」。さまざまな試練が立ち塞がる中、武尊はガイムーンの正体・天羽ミアという最愛の少女を救うため、どれだけ自身が傷つこうと、月杜市のすべてを巻き込み絶対悪であることを渇望し続ける――。
青春ヒーローピカレスクロマン、新たな波紋を生む第二巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 我がヒーローのための絶対悪2

3巻以上5巻以内!巻数少なめのおすすめライトノベル(2015年8月版)

世界の終わりの世界録<アンコール>1 再来の騎士<世界の終わりの世界録<アンコール>> (MF文庫J)

ライトノベルをオススメするにあたって、巻数というのは一つの重要な要素だと思います。

巻数を重ねた長寿シリーズはそれに見合った面白さがあるものですが、「10巻超えのシリーズを1巻から読み始めるのはちょっと・・・」という気持ちになってチャレンジに尻込みしてしまうこともあるでしょう。
「でも刊行したばかりのシリーズは打ち切りが怖いよね・・・」と生まれたての新作に手を出すのが怖いという方もいるでしょう。

そんなニーズに(勝手に)応えて、3巻の壁は突破済み&既刊5巻以内のシリーズからオススメの作品を紹介したいと思います。

それでは、以下をどうぞ!(`・ω・´)ノ

続きを読む 3巻以上5巻以内!巻数少なめのおすすめライトノベル(2015年8月版)