七星のスバル

『七星のスバル』(田尾典丈著/小学館ガガガ文庫)★★★☆☆

七星のスバル (ガガガ文庫)
七星のスバル (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年8月刊。
死んだはずの幼なじみとMMORPGの世界で再会。それだけでちょっとドキドキしてしまう物語でした。
まだ謎が多く序章という感じではありますが、今後の展開に期待したい新作です。
MMORPGモノとしてはなかなか設定が面白かったのですが、「センス」で全て決まるってゆるゲーマーとしては辛いものがあるなぁと思ったり。

☆あらすじ☆
また、皆に会いたいよ。
かつて、世界的人気のMMORPG《ユニオン》において、伝説となったパーティがあった。名を、スバル。小学生の幼なじみたちで結成されたそのパーティは、〈センス〉システムを中核に置く《ユニオン》において比類なき才能を発揮、瞬く間に勇名を馳せた。ところが、プレイヤーがゲーム中に息を引き取る事故が発生。この人死事件をきっかけに、《ユニオン》はサービスを終了してしまう。
……時は流れ、6年後。かつてスバルの中心として活躍した天羽陽翔(あもう・はると)は、ダメダメな高校生になっていた。性格はひねて、友達はおらず、何事にもやる気がない。だが、クラスメイトに巻き込まれる形でログインした新生《リユニオン》のなかで、陽翔は信じがたい“再会”を果たす。スバルの仲間であり、リアルの幼なじみだった少女、空閑旭姫(くが・あさひ)――6年前、ゲーム中に死んだはずの彼女が、そこにいた。「きっと夏の病だ。それかシステムエラー。むしろバグ!」「あははっ。もう陽翔ってばどうしたの。顰めっ面なんて似合わないよ?」――伝説は再び動き出す。革新的青春バトルオンライン!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七星のスバル

翼の帰る処2 鏡の中の空(下)

『翼の帰る処2 鏡の中の空(下)』(妹尾ゆふ子著/幻冬舎コミックス)★★★★☆

翼の帰る処 2 ―鏡の中の空― 下
翼の帰る処 2 ―鏡の中の空― 下

前巻の感想はこちらから
翼の帰る処2 鏡の中の空(上) | 晴れたら読書を
2012年11月刊。初出は幻狼ファンタジアノベルス2009年8月刊。
皇女とヤエトの絆の強さにニヤニヤしていたのですが、一方で恩寵や神々の話も大きく目立ち始めてきました。
面白すぎる!!

☆あらすじ☆
四大公家のひとつ“黒狼公”となったヤエトのもとに、砂漠に巣食う盗賊を捕縛しようと第二皇子の使いがやってくる。その盗賊団と接触を試みたヤエトは、自らの恩寵の力と対になる未来視の力を持つ女性と出会い…。一方、兄である皇子同士の激しい後継争いを目の当たりにし、衝撃を受けた皇女は、ヤエトの助けを得ながら、自らの進むべき道を模索し始める。―陰謀と謎が渦巻く中、ヤエトの過去視の力が視た『真実』とは。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 翼の帰る処2 鏡の中の空(下)