魔法医師の診療記録

『魔法医師〈メディサン・ドゥ・マージ〉の診療記録』(手代木正太郎著/小学館ガガガ文庫)★★★☆☆

魔法医師の診療記録 (ガガガ文庫)
魔法医師の診療記録 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年8月刊。
人々を蝕む妖病を治療する魔術医師の少女と、その助手の青年の物語。
魔術と医術をひとつのものとする、という発想が面白い作品でした。てっきり魔法でぴかーっと(?)治すのかと思いきや、がっつり外科手術をするところが特に。
妖病の正体や、それに対する教会の在り方など、世界観の描き方も興味深かったです。
シリーズ化に期待!

☆あらすじ☆
今はもう忘れられた、魔法医師の物語――。太古の昔、医術と魔術とは、同一のものであった。今や人類は、かつて魔術と医術とが一つであったことをすっかりと忘れてしまっていた。しかし、この世には未だ医術のみで癒せぬ病が存在する。それは、伝承の中で、吸血鬼、狼男、食人鬼などと語られる化け物の類い、魔術を用いねば癒せぬ病――すなわち〈妖病〉が。故に古代の知恵、魔術と医術とが一体となった知恵を、未だ脈々と伝え続ける者たちがいる。すなわち――〈魔法医師〉が。魔法医師の少女・クリミアは自身が幼い頃に行った魔法医術の影響で、重大な妖病を患った幼なじみのヴィクターを治療するため、共に旅を続けていた。その目的は、ヴィクターの病を治せるだけの力をもった霊石《ガマエ》を集めること。その旅の中で、二人は数多の病人を治療していく。ときに魔法医師を異端と迫害する教会と戦いながら。ときに病人を魔物と称する人々と戦いながら。そして、病そのものと、戦いながら――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法医師の診療記録

【雑記】2015.8.20

お盆も終わって平常運転。
そういえば来年から8月に新しく「山の日」ができるそうですね。新しく休日を作るなら6月にしてくれた方が良かったなぁ。

1.読む気がおきないラノベタイトル。でも読まないのはもったいないことも・・・
2.名作SF漫画なら、ぜひこれも読んでほしい
3.リメイクを待つべきか移植版を買うべきか
4.オススメしたラノベが与える印象とは
5.なろう小説の見つけ方+当ブログ的にオススメしたい書籍化作品3選

以下に続きます(`・ω・´)ノ

続きを読む 【雑記】2015.8.20