いじわる陰陽師と鬼憑き姫

『いじわる陰陽師と鬼憑き姫』(楠瀬蘭著/講談社X文庫ホワイトハート)★★★☆☆

いじわる陰陽師と鬼憑き姫 (講談社X文庫ホワイトハート)
いじわる陰陽師と鬼憑き姫 (講談社X文庫ホワイトハート)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年3月刊。
予想以上にしっかり陰陽師モノとして楽しめた1冊。
人外の存在が見えてしまう貴族の姫と口の悪い陰陽師の物語です。
王道の展開を踏みつつも、手堅くまとまった良い平安ファンタジーでした。
続刊も出ているので、そちらも読もうと思います٩( ‘ω’ )و

☆あらすじ☆
ちっとも望んではいないのに、霊や妖など、この世ならざる者たちが見えてしまう姫・柊。見えてしまうことが怖くて、人と会わず、外にも出ずにひきこもって過ごしていた。心配した父が手配した見合いでも、相手の背後に霊を見てしまいぶち壊しにしてしまう。持て余した父宮は、陰陽師家に柊を託す。その三男・忠晃は、柊の力を使ったもののけ退治に連れ出すが!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む いじわる陰陽師と鬼憑き姫