異世界料理道1

『異世界料理道1』(EDA著/HJ NOVELS)★★★★☆

異世界料理道 (HJ NOVELS)
異世界料理道 (HJ NOVELS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年2月刊。
最近流行の異世界グルメもの。
文明レベルが低い異世界に飛ばされた見習い料理人が、現地の人々に食の喜びを教えるというストーリーです。
料理どころか食材調達段階から四苦八苦する不便さを乗り越えるところがとても面白く、そんな状況で生き生きと楽しそうに料理する主人公は好印象でした。ツンデレヒロインも可愛い!

☆あらすじ☆
父親の経営する大衆食堂の見習い料理人、津留見明日太は、父親の魂とも言える三徳包丁を火事から救うべく火の海に飛び込んだ。そして気づけば、そこは見知らぬ密林の真っ只中。イノシシにそっくりの野獣ギバに襲われ、『森辺の民』を名乗るアイ=ファという少女に救われた明日太は、そこが異世界だということを知る。ガスコンロも冷蔵庫も存在せず、人々はただ生きるためにモノを喰らう。料理の概念がない異郷で見習い料理人がグルメ革命を起こす。小説家になろう発大人気異世界料理ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界料理道1