路地裏バトルプリンセス1

『路地裏バトルプリンセス』(空上タツタ著/GA文庫)★★★☆☆

路地裏バトルプリンセス (GA文庫)
路地裏バトルプリンセス (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年2月刊。
第6回GA文庫大賞優秀賞作。
コスプレ×ステゴロという異色なストリートファイトもの。まず、主人公が女装コスプレ男子という時点でかなり異色です。
路地裏で繰り広げられるアウトローな「血闘」。そこで敗北し、主人公に弟子入りを志願してきたひとりの少女。少女との出会いは、戦いをやめたはずの主人公を再び路地裏バトルの世界に誘うことになるのです。
ストーリーの予想外な重さに驚いたものの、登場人物それぞれが抱く「血闘」への複雑な想いが面白い作品でした。

☆あらすじ☆
「その制服……あなたが相手ですね」
ある夜、路地裏で高校生の日月は、姿を偽り腕を競う路上格闘技≪血闘≫に身を賭す一人の少女と出会う。彼女のその――金のツインテールに改造セーラー服姿は、全ての敵を「一撃」で沈め頂点に至り、そして消えた伝説のランカー≪魔王少女≫のもの。ところが日月は――そんな≪魔王少女≫を「一撃」で沈めてしまう!
「いるもんだな……ニセモノって」
何故なら――!?
――この地には、魔王少女が現れる。そんな噂が流れ出して一年。本物の一撃に憧れる少女が、戦うことを辞めた少年と出会うとき、≪血闘≫に新たな伝説が刻まれる!! 白熱の路上バトルアクション、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 路地裏バトルプリンセス1