魂織姫 運命を紡ぐ娘

『魂織姫 運命を紡ぐ娘』(本宮ことは著/講談社X文庫ホワイトハート)★★★☆☆

魂織姫 運命を紡ぐ娘 (講談社X文庫ホワイトハート)
魂織姫 運命を紡ぐ娘 (講談社X文庫ホワイトハート)

2015年8月刊。
紡ぎ女だった少女が、王と神のための機織りの巫女に選ばれる物語。
静かに時間が流れていく落ち着いた雰囲気の作品ですが、今回は内容的には完全に序章。
それでも丁寧に描かれた世界観は没入感が抜群で、とても良いファンタジーになりそうです。
前半は製糸、後半は機織りという感じに一枚の布ができあがる過程の描写も細かく、読んでいて面白かったです。
ラストがかなり気になる終わり方をしていて、おそらく話が大きく動き出すのは次巻からなのでしょう。
この魅力的な世界を余すところなく描ききるシリーズに育ってほしい新作でした。

☆あらすじ☆
その国の名は白国。繊維産業を主とするこの国には、天蚕から糸と紡ぐ技術が受け継がれていた。だが、繊維産業に関わる者たちの仕事は過酷だった。糸を紡ぐのは、近隣から集められた幼い少女たち。男たちは畑を耕し家畜を飼って食料を生産したり、土木兵役につくのだ。
安渓村の水華は、今年もまた父兄につれられて紡ぎ場に向かう。一個の繭から、太すぎず、細すぎず、より均一で長い糸を生み出すのは、なかなか難しい。水華は丁寧だが仕事が遅く、監視官からいつも注意をうけていたのだ。ある日、紡ぎ女たちが一斉に工場長に呼び出される。そこに現れたのは、白国の若き皇帝だった――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魂織姫 運命を紡ぐ娘