流離の花嫁

『流離の花嫁』(貴嶋啓著/講談社X文庫ホワイトハート)★★★☆☆

流離の花嫁 (講談社X文庫ホワイトハート)
流離の花嫁 (講談社X文庫ホワイトハート)

2015年8月刊。
祖国への復讐心を胸に、敵国に嫁ぐ人質の花嫁の物語。
終盤が少し駆け足でしたが、設定は面白く、主人公2人の陰のある雰囲気は好みでした。
惜しい点もありますが、軽く楽しめる良いラブロマンスだったと思います。

☆あらすじ☆
かつて大国として栄華を極めたラスカリス帝国の皇女イレーネは、先帝と踊り子との間に生まれた望まれぬ子として、蔑ろにされて育った。新興国家ファルーク王国の侵攻から免れるために、和睦の証として人質として嫁ぐことを皇帝から命じられるイレーネ。だが逃亡を図ったために従弟を皇帝に殺されてしまう。故国への憎しみを抱えてファルーク王国に送られたイレーネの前に現れた王ジャファルは、漆黒の髪と琥珀の瞳を持つ美貌の主。その夜イレーネはジャファルに斬りかかり……! 一方、イレーネの真意がわからないジャファルは彼女に興味を抱くようになり、ふたりは次第に距離を縮めていく。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 流離の花嫁

【雑記】2015.8.15

一昨日夜に両親の夫婦喧嘩が勃発し、間に挟まれてゲッソリ。
どうやって収拾つけるか悩んでいたところ、里帰り先の祖母宅になぜかカラオケがあって、盛り上がってる内に仲直りしてました。
というわけで、うちにもカラオケを導入するか検討中です。PS3でカラオケできるらしい。マイク買おうかしら。

1.ライトノベルって、1巻の時はナンバリングを付けないのがほとんどじゃないですか
2.それなのに、「1巻はまるまる序章ですね」って感想を何度書いたかわからない
3.ファミ通青春恋愛枠とは
4.シナリオライターがラノベに進出する理由
5.読書の記録をつけると楽しい

以下に続きます(^^)/

続きを読む 【雑記】2015.8.15