妖精令嬢の恋のからさわぎ2 薔薇乙女は月影におちる


『妖精令嬢〈レディ・フェイ〉の恋のからさわぎ 〜薔薇乙女は月影におちる〜』(朝前みちる著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

妖精令嬢の恋のからさわぎ -薔薇乙女は月影におちる- (ビーズログ文庫)
妖精令嬢の恋のからさわぎ -薔薇乙女は月影におちる- (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
妖精令嬢の恋のからさわぎ 宰相騎士は深淵をのぞく | 晴れたら読書を

2015年8月刊。
義母と義息子の禁断ラブコメ第2弾。
前巻がちょっと中途半端に終わっていたのですが、これが後編となるそうです。シリーズも完結かな?
全体的にラブコメとしての攻め方がちょっとマニアックすぎたような気もしますが、そのチャレンジ精神が楽しい作品でした。

☆あらすじ☆
夫(予定)のライアンの呪いを解いたフェイス。喜びも束の間、義息子エセルが「あなたは、父ではなく私の妻になるべきです」と言い出し大混乱! ドタバタの中、エセルと共に王宮の舞踏会に呼ばれたフェイスだが、そこにいたのは――ライアンを呪った占い師!? フェイスに近づく彼にエセルの怒りが爆発し、ついに――!!禁断ラブコメ、義息子の病ンデレ倍増の続編!

以下、ネタバレありの感想です。

 

ライアンの呪い騒動解決からつながる第2巻。
前巻はエセルの「私が代わりに結婚します」宣言で締めた割に、話が再開すると微妙な空気でスルーされがちという。不憫ww

そしてエセルのヤンデレ化が進む進む。
うーん。たた、ちょっと私の好みのヤンデレからは外れているかもしれません。好みのヤンデレって何だよって思われそうですが、エセルの病み方にはいまいちノれませんでした。ヤンデレキャラだからこういうセリフを言っておこう、みたいなぎこちなさを感じてしまって・・・・・・。

 

それは置いても、ストーリーの方は駆け足だった気がします。ただ、気になるところはあらかた纏めてはあるので消化不良感はそこまでないので良かったです。

前巻で放置した最大の謎である「継承の鍵」についてもちゃんと伏線が回収され、フェイスがどんな立場にある存在なのかが明らかに。
まぁ大事といえば大事ですが、周囲がそんなに躍起になって当人に隠すほどのことかな?とはちょっと思いました。
てっきり鍵を抜き取られたら死ぬ、くらいの重い使命かと予想していたんですが。お父様ピンピンしてますね。ハゲちゃってるけど。

 

前巻で意味深に登場していた占い師の正体も判明
占い師絡みの話は陰気な背景が面白かったのに、なんだかサクサクと進められてしまって少し物足りなさを感じてしまいました。
エセルよりは彼の方が病んでいるような。最後の一悶着だけで落ち着けてしまうのはもったいなかった気がします。もっと掘り下げてほしかったなぁ。

 

少々の不満点はあれど、フェイスの成長物語としてはとても満足しました。
結局、本作はフェイスが父離れをする物語だったのでしょうね。
ふたりの「父」へ抱いてきた自分の本当の気持ちに向き合い、晴れて一人前のレディへと成長したフェイス。
まぁそこからエセルに捕まってしまったわけですけど、彼女は余裕で手綱を握れそうだから不安感ゼロで良いですねww ミラベルもいるし!

 

最後は駆け足だったものの、義理の母子ラブコメという挑戦的な姿勢が楽しい作品でした。
2巻完結は残念ですが、朝前さんの次回作を期待しています!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。