妹さえいればいい。2


『妹さえいればいい。2』(平坂読著/小学館ガガガ文庫)★★★★☆

妹さえいればいい。2 (ガガガ文庫)
妹さえいればいい。2 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
妹さえいればいい。1 | 晴れたら読書を

2015年7月刊。
ラノベ作家達の青春群像劇第2弾。
前巻も面白かったのですが、今回はお仕事描写が増えたこともあってか、より面白くなっていました。
特にラノベアニメ化以降のエピソードには胸が熱くなったり目頭が熱くなったり。
これは良いシリーズですね。ラストで恋愛方面も面白いことになりそうですし、次巻以降もとても楽しみです!

☆あらすじ☆
妹バカの小説家・羽島伊月は、人気シリーズ『妹法大戦』最新巻の執筆に苦戦していた。気分転換のためゲームをしたり混浴の温泉に行ったりお花見をしたり、担当への言い訳メールを考えたりしながら、どうにか原稿を書き進めていく伊月。彼を取り巻く可児那由多やぷりけつ、白川京や義弟の千尋といった個性的な面々も、それぞれ悩みを抱えながら日々を生きている。そんな中、伊月の同期作家で親友・不破春斗の『絶界の聖霊騎士』のテレビアニメがついに放送開始となるのだが―。妹と全裸に彩られた日常コメディ、第2弾登場!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

2巻冒頭作中作も1巻とは方向性の違うキチ●イ具合でめっちゃ笑いましたww
でも怖い!無駄に本当にグロい!!

 

そんなスタートの第2巻。
前巻同様、ラノベ作家たちは相変わらず遊びに真剣で楽しそうでした。

ボードゲームやら混浴温泉やらお花見やら。ほんと社会人の青春って感じですよねぇ。良いなぁ。
あと混浴に若い人(男女問わず)っているものなんですかね?混浴の温泉に行ったことないから実際のところがわからない。いなさそう。

前巻から遊んでいたTRPGはこの調子で少しずつ続いていくのでしょうか。伏線的に出てきたホーンリバー帝国が気になります。恐ろしいですよね・・・・・・どんな恐怖の出版社帝国なんだ・・・・・・。あ、BOOK☆WALKERはいつも愛用しています。滅びたら困る。

 

今回もあった税金のお話。
昔、うちの父さまが「経費にするために無駄に金を使いまくる」ということを本当にしていたらしく、今でもそれを笑われているのを思い出しました。節約がいちばん。

 

遊びだけでなく、2巻ではラノベ作家の創作活動の描写も増えてきました。お仕事してる!ここが本当に面白かったです。
クリエイターがウンウン頭を悩ませてる描写が好きだったりするんですよねーw
でも、あの可愛いヒロインズはおっさんの肉体をもとに生まれていたんですねぇ・・・・・・そう考えると、何というか、胃のあたりがもぞもぞする・・・・・・(・ω・`)
まぁ、サンプルがないからって那由多や刹那みたいなことしたら普通に通報されますけどねw
だいぶ引いちゃったけど伊月は無害だよなぁ。

創作活動自体は楽しそうでも、締め切りは怖いですね。カンヅメ部屋って実在するのでしょうか?牢獄かな?

あと「妹法大戦」が普通に面白そうなんですけど。これリアルでも出しましょうよ。

 

そして、今回1番面白かったのは春斗のラノベアニメ化のエピソード。
アニメ化にウキウキして、出来が最悪だったときの原作者の嘆きっぷりに胸が痛くなりました。
クソラノベアニメがあれだけ量産されている中で、春斗と同じ思いを抱いたラノベ作家がどれだけいるのか・・・・・・。

業界の誰もが頑張った結果だとしても、出来が悪ければ容赦なく叩かれるし、そうでなければ無関心で流されてしまうもの。
アニメ化って、大きなチャンスであるにもかかわらず原作者自身の努力じゃどうしようもないところがなぁ・・・・・・。
原作ファンですらアニメの出来が悪ければテレビの液晶を叩き割りたくなりますからね。春斗がふさぎ込むのも無理はないです。
というか、ここから立ち直れなかった作家が刊行断絶したりするのだろうか。

 

そもそもこのシリーズで私が一番共感できて、等身大に感じるのが春斗というキャラ。
それだけに彼の悲しみはストレートに響いて辛いし、同じ気持ちになって泣いてくれた京ちゃんに惚れてしまいます。
いや、ほんと京ちゃん良い子すぎますよ。あれは惚れるしかないです。
1巻ではあまり印象に残らなかったし(那由多のエロ被害者くらいのイメージ)2巻表紙からは消えちゃったけれど、今ではかなり好きなキャラになっています。京ちゃん可愛すぎる。

 

とはいえ、最後のアレは伊月たちの関係にとって大きな爆弾になりそうですね?( ´艸`)
京ちゃんは伊月が好きなわけだし。といっても、伊月の本命は那由多っぽいし?
うーん、良いなぁこの流れ。楽しいですね!!w

 

面白くなってきました!!3巻も期待!

・・・・・・余談ですが、このシリーズを読んでいると無性にお酒が飲みたくなるんですよねぇ。
冷蔵庫に何も入っていないので、すっぴんで徒歩7分のコンビニに行くか悩み中・・・・・・(現在22時過ぎました)

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。