嘘つきたちの輪舞

『嘘つきたちの輪舞』(一原みう著/集英社コバルト文庫)★★★★☆

嘘つきたちの輪舞 (コバルト文庫)
嘘つきたちの輪舞 (コバルト文庫)

2015年8月刊。
単巻モノとしては珍しい短編集。しかも1話ごとに別のイラストレーターがついている豪華仕様の1冊です。
内容は、甘さを期待して読んだらダメージを受けそうなお話ばかりなので、ちょっと心して読むことをオススメします。
少しずつ丁寧に心に傷をつけられ、最後は傷だらけの満身創痍となってしまいましたが、とても面白かったです。
ファンタジー、SF、ミステリーに味つけされた3本の短編。どの短編も描写の繊細さと物語の儚さや不条理が、心をピリッと痛ませるのです。
爽快感や糖分はほぼ得られないので(私見)、シリアスで重い話が苦手な方はご注意を。

☆あらすじ☆
憂鬱な毎日を送るアンナのもとに、10年ぶりの手紙が届いた。差出人は、アンナの腹心の侍女だったリリヤ。「今こそ、あの事件の真相についてお話しできるのではないかと思い、筆をとりました」―10年前、名家の子息・キリルに見初められ、誰もが羨む結婚を間近に控えながら、キリルの弟との密会を重ねていたアンナ。その先に起きた、不可解な事件…。リリヤの手紙が明かす、衝撃の真相とは…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 嘘つきたちの輪舞