戦うパン屋と機械じかけの看板娘2

『戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉2』(SOW著/HJ文庫)★★★★☆

戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉2 (HJ文庫)
戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉2 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
戦うパン屋と機械じかけの看板娘 | 晴れたら読書を

2015年8月刊。
元軍人の強面パン屋と元AIの看板娘のパン屋繁盛記第2弾。
今回もとても面白かったです!
前巻よりも、さらに戦争の陰惨さと戦後のきな臭さを感じさせつつも、一方でルートの素朴な優しさやスヴェンの可愛い暴走にほっこりさせるバランスが絶妙なんですよね。
この調子で長く続くシリーズになってほしいです( ・ㅂ・)و ̑̑

☆あらすじ☆
徐々に経営が安定し始めたパン屋「トッカーブロート」の店主ルートの元に、巨大飛空船で開催されるワイルティア・旧ペルフェの親睦パーティの招待状が届く。そのパーティで供されるパンを焼いて欲しいというのだ。お店の知名度アップを目論むスヴェンに説得され参加を決めるルートだが、その裏には政治的な思惑や陰謀が渦巻いているのであった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 戦うパン屋と機械じかけの看板娘2