アルバート家の令嬢は没落をご所望です2


『アルバート家の令嬢は没落をご所望です2』(さき著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

アルバート家の令嬢は没落をご所望です (2) (角川ビーンズ文庫)
アルバート家の令嬢は没落をご所望です (2) (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
アルバート家の令嬢は没落をご所望です | 晴れたら読書を

2015年8月刊。
今回もめちゃくちゃ面白かったです!
前世でプレイした乙女ゲームの世界に転生した「悪役令嬢」メアリ。
没落を目指すもさっぱり上手くいかないメアリの物語はこの2巻で完結となりましたが、見事な大団円でとても満足しました。
1巻はコメディ強打な感じでしたが、2巻は糖分大量投入で完璧にラブコメしています。
ツンデレメアリと溺愛ツッコミ系アディの主従カップルは、最後まで本当に可愛くて笑えて最高でした(´,,•ω•,,)♡

☆あらすじ☆
笑いと胸キュンが止まらない! 悪役令嬢ラブコメディ、待望の続刊登場!!
見た目完璧な残念お嬢様メアリと、美形だけど無礼な従者アディ。長年メアリに片想いをしていたアディの想いがついにむくわれる…かもしれない!?「このままだと本当に俺が頂いちゃいますよ」ドキドキ必至の第2巻!

以下、ネタバレありの感想です。

 

見事没落に大失敗したメアリ。

そんな彼女の大学編となる第2巻は、なんとメアリの合金ドリルが緩やかウェーブに生まれ変わるという衝撃の展開からスタートします。

 

じゃなかった。

 

なんとアディと離れて単独国外留学という驚きの展開からスタートします。フワリ。

さてメアリひとりでどうなってしまうのかと思いきや、留学先の大学の正体は例の乙女ゲームの続編の舞台
一応部外者のメアリは、そこで繰り広げられる逆ハーレム色欲女(この罵倒がすごくツボでした)の観察くらいにとどまっていましたが、アルバート家の令嬢として振る舞うメアリはあまりにもメアリらしくて、アディなしでも十分面白かったです。
むしろ悪役らしく振る舞えることに感動するメアリがちょっと不憫面白かったり。

その一方で、無意識に隣にアディの存在を探したり、無意識にパトリックの代わりの婚約者に「ある条件」を求めていたり、前巻同様にメアリの無意識なデレが可愛くて仕方なかったです。

 

といっても今回は無意識デレは前半だけでしたけどね。

 

アディとの結婚がトントン拍子に決まっていくのもビックリでしたけど、そこに愛があることにやっと気付くメアリの鈍感さにもビックリしたし、さらにその後に恋を自覚して脳内お花畑モードに突入したメアリにはもっともっとビックリしましたww

なにこのカワイイ女の子!
まさかあのメアリが恋に悩み戸惑う日がくるとは・・・・・・。
まさかあのメアリがここまでデレるとは・・・・・・。
「冷静になって考えてみるとどうしようもなくアディが好きすぎる」 の一文の破壊力がやばい。
良かったねアディ(´;ω;`)

強固な絆で結ばれた主従の、幸せなハッピーエンドを見ることができて、とてもとても満足です。

 

あと、仲良し4人組の友情シーンも前巻以上に素敵で良かったです。
メアリ・アディカップルとアリシア・パトリックカップルの関係性が爽やかで楽しそうで和みます。
前巻より距離感が近くなってる気がするし、メアリたちのために奔走するアリシアとパトリックの姿が印象的でした。良い友だちだよなぁほんと。
壊れたブレスレットのオチも良かったですしね。この友情は永遠に育んでいってもらいたい。

 

メアリの留学生活も、良い感じにうまくまとめられてたのではないでしょうか。
まさか他にも前世の記憶持ちが出てくるとは思いませんでしたが、恋に破れた彼女たちの姿は少し切なかったです。
この思い出を胸に新しい人生を元気にリスタートしてほしいですね。野心家令嬢も頑張れ。

 

本当にとても良いラブコメ作品でした。コメディのノリが肌に合いすぎるし、恋愛パートも最高でした。
さきさんの次回作も楽しみですし、WEBで掲載されている短編もチェックしようと思います!ヾ(*˙︶˙*)

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。