時砂の王

『時砂の王』(小川一水著/ハヤカワ文庫JA)★★★★☆

時砂の王
時砂の王【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2007年10月刊。
面白かった!!
時空を超えて人類の敵と戦う男と、彼と友に戦うことになる卑弥呼。
彼らの出会いから始まる、壮大な時間SF。男が戦いに懸ける想いが切なく、戦いの中で築く卑弥呼との哀しくも美しい絆がとても印象的な作品でした。

☆あらすじ☆
西暦248年、不気味な物の怪に襲われた邪馬台国の女王・卑弥呼を救った“使いの王”は、彼女の想像を絶する物語を語る。2300年後の未来において、謎の増殖型戦闘機械群により地球は壊滅、さらに人類の完全殲滅を狙う機械群を追って、彼ら人型人工知性体たちは絶望的な時間遡行戦を開始した。そして3世紀の邪馬台国こそが全人類史の存亡を懸けた最終防衛戦であるとーー。期待の作家が満を持して挑む、初の時間SF長篇

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 時砂の王