左遷も悪くない1

『左遷も悪くない』(霧島まるは著/アルファポリス)★★★★☆

左遷も悪くない
左遷も悪くない

2013年12月刊。
鬼軍人が左遷先で嫁をもらい、貞淑な嫁に癒されたりその親族に振り回されたりしながら、ほのぼの楽しい田舎ライフを送る物語です。
どちらかというと地味な物語なのですが、この夫婦が可愛すぎて可愛すぎて・・・・・・(´,,•ω•,,)♡
これなら確かに左遷も悪くないw

☆あらすじ☆
優秀だが融通が利かず、上層部に疎まれて地方に左遷された軍人ウリセス。左遷先でもあらぬ噂を流されて孤立無援状態のウリセスだったが、ふとしたことから、かつて彼が命を救った兵士の娘レーアとの縁談が舞い込む。そのまま、式の当日までお互いの顔すら知らずに結婚した二人。ウリセスの武勇伝を聞かされて育ち、ずっと彼に憧れていたレーアは健気に尽くそうとするが、緊張と不器用さから首尾よく立ち回れない。一方のウリセスも、無骨な気質が仇となり、彼女の気持ちに上手く報いることが出来ないでいた。そんな中、個性豊かなレーアの兄弟達が、次々と二人の前に現われる。彼等がもたらす騒がしくも心温まる出来事は、軍人として厳しく己を律して生きてきたウリセスに、かつて味わったことのない癒しを与えてくれるのだった。レーアとの絆、そして家族への愛情が深まるにつれ、不遇だったはずの彼の左遷が、思いもよらぬ幸せに満たされていく―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 左遷も悪くない1