六花の勇者6

『六花の勇者6』(山形石雄著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★★★

六花の勇者 6 (ダッシュエックス文庫)
六花の勇者 6 (ダッシュエックス文庫)

前巻の感想はこちらから
六花の勇者5 | 晴れたら読書を

2015年7月刊。
TVアニメが大満足のクオリティで放送中の「六花の勇者」。
シリーズ最新巻はついに一つの大きなヤマ場を迎えてしまいました。
もう読んでて胃が痛かったし読み終わっても胃が痛い・・・・・・。
とにかく素晴らしかったです。次巻が待ち遠しすぎる。

☆あらすじ☆
〈運命〉の神殿で分裂した六花の勇者たちに、テグネウの本隊が迫っていた。六花たちはアドレットを中心に策を練るが、一方テグネウは大軍の凶魔での物量攻撃と、「愛」の力を利用した心理的な揺さぶりを仕掛けてきて……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 六花の勇者6