魔弾の王と戦姫12

『魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉12』(川口士著/MF文庫J)★★★☆☆

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉12 (MF文庫J)
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉12 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
魔弾の王と戦姫11 | 晴れたら読書を

2015年7月刊。
第三部が始まり前巻のプロローグを経て、ようやく物語全体が大きく動き出してきた感じがあります。
新たな戦姫が登場し、ブリューヌ国内も小さくない動きが起こり、そしてティグルもある決断をしたりして。
しかもラストには衝撃の一文が。これは次巻が待ち遠しい!

☆あらすじ☆
ブリューヌ王国に侵略したザクスタン軍を撃破するため、月光の騎士(リュミエール)軍を結成して、その緒戦を勝利に導いたティグル。王都ニースで戦況を見守る王女レギンの下を訪れたが、王宮は謀略の渦巻く魔窟となっており、凶悪な魔手がティグルに忍び寄る。戦場の敵はザクスタン軍だけにとどまらず、因縁の深いあの男の登場により、ブリューヌの地を舞台とした戦乱は、新たなる局面を迎えることに。一方、ジスタートでは新たに煌炎バルグレンを継承した戦姫フィグネリアがヴィクトール王に謁見していた。幾つにも重なり合う陰謀と戦いを目前に、英雄となった少年は、戦友たちと共に未曾有の混乱を収束させることができるのか――大ヒットの最強美少女ファンタジー戦記、急転直下の第12弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔弾の王と戦姫12

彼女は戦争妖精7

『彼女は戦争妖精〈ウォーライク〉7』(嬉野秋彦著/ファミ通文庫)★★★★☆

彼女は戦争妖精7<彼女は戦争妖精> (ファミ通文庫)
彼女は戦争妖精7<彼女は戦争妖精> (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
彼女は戦争妖精6 | 晴れたら読書を

2010年12月刊。
メインヒロインが決まった!
と喜んだのも束の間、物語はますます不穏な方向へ・・・・・・(´・ω・`)

☆あらすじ☆
イソウドの奸計によりペルスヴァルを倒した伊織たち。その数日後、伊織はクリスと、そして偽書の一件で薬子と袂を分かった常葉とリリオーヌとともに、母方の曾祖母の住む岩手へ旅立つ。しかし執拗なまでに伊織を狙うイソウドの刺客が彼らに迫っていた――! 一方二人の不在を怪しむさつきとルテティア、薬子の真意を問いただす頼通はこの戦いの終局を考えはじめ、”吟遊詩人”たちにも最終局面を予感させる出来事が……! 佳境を迎えるシリーズ第7巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 彼女は戦争妖精7