飽くなき欲の秘蹟

『飽くなき欲の秘蹟〈サクラメント〉』(小山恭平著/小学館ガガガ文庫)★★★☆☆

飽くなき欲の秘蹟 (ガガガ文庫)
飽くなき欲の秘蹟 (ガガガ文庫)

2015年7月刊。
第9回小学館ライトノベル対象審査員特別章受賞作。
多くの人がちょっとした異能を持つ世界で、その異能を売買するお店の高校生アルバイトが主人公。
ポンコツな女店主のために、彼は売れる異能を探し求めて様々な人と出会っていく、という物語です。
異能を扱っているものの、基本的には人間ドラマという一風変わった異能×日常の現代ファンタジーでした。

☆あらすじ☆
「異能」は超能力や秘蹟など、そんな呼ばれ方をする不思議な力だ。それは人の願いと共に現れ、いつのまにか消えていくひとときの奇跡。そう稀少なものでもないが誰もが自由に手にできるものでもない。だから持たない者は思う―自分も欲しいと。そしてそこにビジネスチャンスが生まれ、異能転売業が生まれた。主人公・世杉見識の働く秘蹟商会もそんな異能転売業社の1つである。まだまだ規模は小さいが、明日の成功を夢見て彼らは日夜奮闘しているのであった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 飽くなき欲の秘蹟

【雑記】2015.7.22

世間は7年?に1度咲くという超クサイ花の話題で盛り上がっているようですが、クサイ花の名前が知りたくてググッてもポケモンしか出ないので名前がわかりません。

1.プロジェクト・クオリディア始動!
2.好きなライトノベルを投票しよう!!2015上期結果発表
3.読書をしない人のために選ぶミステリ
4.どんでん返しのある本が読みたい!
5.ドミネーターが欲しいなら

以下に続きます(`・ω・´)ノ

続きを読む 【雑記】2015.7.22