第七帝国華やぎ隊 その娘、飢えた獣につき


『第七帝国華やぎ隊 その娘、飢えた獣につき』(梨沙著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

第七帝国華やぎ隊 その娘、飢えた獣につき (一迅社文庫アイリス)
第七帝国華やぎ隊 その娘、飢えた獣につき (一迅社文庫アイリス)

2015年7月刊。
守銭奴な怪力少女が高給につられて入隊したのは、第七王子が作った「華やぎ隊」。
同期入隊(?)となったクールな聖職者と一緒に、主人公は町の平穏を守る(ことで得る収入の)ために戦うことになるのです。
水の都を守る水神や、主人公に取り憑く魔神や、ツキモノと呼ばれる悪しき存在などなどちょっと設定過多な印象を受けました。
そのため少し分かりづらいところがあるのですが、呑み込んでしまえば魅力的な設定で面白かったです。物理攻撃メインの主人公は可愛かったですし。
シリーズ化するなら追っていこうと思います٩( ‘ω’ )و

☆あらすじ☆
第七帝国華やぎ隊―それは、大国の王子が作った究極の娯楽部隊。とある理由からお金がほしいメイは、幸運にも華やぎ隊に入隊することに!美形ばかりが集められた、水の女神の警護をするお飾り部隊。そう聞いていたのに、待っていたのは愛をささやき合う双子、軟派な屍術師、麗しの死者、病弱な王子、そして冷酷な聖職者という変わった隊員たちで…!?水の都を舞台に、魔神に愛された少女の波瀾万丈な騎士道ライフが幕を開ける!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

物語の舞台となるのは、水神の恵みを受ける水の都シア・スフィア
主人公メイは、人並み外れた怪力に目を付けられ、町を治める第七王子アルバートの擁する第七帝国第一級特殊護衛部隊、通称「華やぎ隊」に入隊することに。
そこでメイは同時に仮入隊することになった聖職者バージルと一緒に華やぎ隊の任務に従事していくのです。

 

その過程でメイは、華やぎ隊のメンバーがツキモノ憑きで構成されていることを知ってしまいます。
実はメイもジンと名乗る魔神のツキモノが憑いており、これを「ツキモノ=悪」とする教会の人間であるバージルに知られると非常にマズい。
というわけでバージルを除く華やぎ隊メンバーは、彼を速やかに追い出すためにアレコレと画策することになるのです。
その一方で、華やぎ隊は、町に現れる謎のツキモノの討伐任務にも追われることになり・・・・・・という主に2本の軸を中心に物語は進んでいきます。

 

うーん。うーん。・・・・・・正直、読みづらかったです(´・ω・`)
バージル追い出せ作戦とツキモノ討伐だけならまだスッキリしていたかもしれませんが、そこに水神の出奔やら第七王子と第一王子の対立やらバージルの極秘任務と彼の過去やらが錯綜し、ちょっとゴチャゴチャとした印象を受けました。
最後まで読み終われば全てが1本のストーリーとしてまとまっていると思えるのですが、読んでる最中は次々と出される情報の整理が大変でした。

 

まぁそれでも設定は魅力的だし、キャラも個性的なので読むのが苦になるほどではなかったのですけどね。
たぶん設定を呑み込めた次巻(あれば)の方が楽しめるんじゃないかと思います。

 

それにしても、メイは一体何歳なんでしょう?
16歳で不死になって、そこから家族の天寿を看取ったってことは+30歳くらいを考えればいいのかな?いやいや、乙女に年齢の話題はタブーでしたね!

 

ヒーローはバージルってことでいいのかな?
「神の伴侶」という設定が非常に美味しいので、むしろジンの方をメインヒーローにしてほしかった気もしますが、初心すぎるバージルが可愛かったのでこっちでもアリですw

 

さて、これはシリーズ化するのでしょうか。
一応は綺麗にまとまっていますけど、続けようと思えば続けられそうですよね。
「第七帝国」とかいう意味深なネーミングを回収してほしい気もしますし。そうなると第一王子と戦争か。
というわけで次巻に期待します(`・ω・´)ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。