ゲーマーズ!2 天道花憐と不意打ちハッピーエンド


『ゲーマーズ! 天道花憐と不意打ちハッピーエンド』(葵せきな著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

ゲーマーズ! (2) 天道花憐と不意打ちハッピーエンド (富士見ファンタジア文庫)
ゲーマーズ! (2) 天道花憐と不意打ちハッピーエンド (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
ゲーマーズ! 雨野景太と青春コンティニュー | 晴れたら読書を

2015年7月刊。
すれ違って勘違いして空回りする青春のラブコメディ第2弾。
もっと物事を素直に捉えようよ!と思いつつ、素直に捉えたからこそこういう結果になるんですよね。これはもうダメだww

☆あらすじ☆
美少女からのゲーム部勧誘を拒否し、相性抜群のゲーマー少女とは大喧嘩をかます―もはや完全に自業自得なぼっち高校生、雨野景太。そんな雨野と学園のアイドル、天道花憐をくっつけるため、ゲーム同好会を発足したリア充、上原だったが、なぜか自分のカノジョに浮気を疑われ!?一方、天道は雨野のことが気になりすぎて原因不明の胸の痛みを発症中。そして唐突に開催される“総合テレビゲーム大会”。科学と魔術こそ交差しないものの、遂にラノベ的な異能は覚醒する!!…主人公以外の人物の中で!こじらせゲーマーたちによるすれ違い、未だ猛加速中!

以下、ネタバレありの感想です。

 

前巻で生まれてしまった、勘違いが重なりまくった結果の多角関係。
その中心にいる景太はといえば、花憐へのアプローチに悩むかたわら今日も楽しそうにゲームに勤しむのです。

 

なんというか、ラブコメパートも勿論面白いんですけど、この作品を読んでると無性にゲームがしたくなります。あれもこれも積んでるなー・・・。
楽しそうな景太に触発されちゃうんでしょうね。
そこらへんのアレコレでスランプに陥っていた花憐はめちゃくちゃ可愛かったです(´,,•ω•,,)♡
オチまでカワイイw

 

そんな多角関係に登場人物みんなが翻弄されるなか、今回一際異色な存在感を出していたのは三角くんでした。
彼は1巻冒頭だけのモブキャラだと思っていたのに、短編っぽい1話の主人公扱いにまで出世(?)して思わず笑ってしまいましたw
なんだあのラノベ?少年漫画?のダイジェストみたいなストーリーは!?
同級生達が恋にわたわたしている時、彼は世界を獲っていたんですね。どんな主人公だwww
正直ここで三角君のダイジェストストーリーを突っ込んでくる意味はわからなかったのですが、最後のオチは気に入りました。
やっぱりゲームは楽しめてこそですよ!

 

で、そんな不思議短編を入れつつ、物語は2巻のサブタイ回収な展開へ。

最後のアレで一体どうなってしまうんだーーー!?

まさに不意打ちハッピーエンド。誰も彼も自分のことにいっぱいいっぱいで、話なんか聴いちゃいない中で起こったミラクル。
いっぱいいっぱいな景太と花憐は予想外の告白OKをどうしてしまうんでしょうか!?
その周囲も誤解に誤解を重ねる結果になってしまいましたが。
上原くんはともかく千秋と亜久璃はどうしてあの発想に至ったのか私にはわからないよもう・・・・・・。
一度円卓会議を開くべきだよ、君たち。

 

面白いところで終わってしまいました。
これは3巻が楽しみですね!!( ・ㅂ・)و ̑̑

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。