ロクでなし魔術講師と禁忌教典4


『ロクでなし魔術講師と禁忌教典〈アカシックレコード〉4』(羊太郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (4) (富士見ファンタジア文庫)
ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (4) (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
ロクでなし魔術講師と禁忌教典3 | 晴れたら読書を

2015年7月刊。
面白かったーー!
前巻の衝撃のラストから続く第4巻。
アルベルトとグレンの悪友コンビが最高でしたw

☆あらすじ☆
分かり合えていたはずの想いは、無残にも引き裂かれた。「…実は、わたし、あなた達の敵」「…う、嘘…嘘よ…そんな…」天の智慧研究会の魔の手により闇へと堕ちたリィエル。システィーナの説得も空しく、リィエルは親友ルミアを誘拐し―。一方、死の淵から復活を遂げたグレンは、アルベルトとの帝国軍コンビを再結成。反撃の狼煙を上げる!「…行こうか。頼りにしてるぜ、相棒」「抜かせ、誰が相棒だ。寝言は寝て言え」かつての盟友と、囚われし少女たちの奪還を目指す!

以下、ネタバレありの感想です。

 

表紙裏の著者近況で恩師に本を渡しましたーwみたいなこと書いてて、直後のカラー口絵で女の子が半裸になってたので変な笑いが出てしまいましたww

 

さて遠征学修後編。

裏切ったリィエルに瀕死の重傷を負ったグレン。
しかしシスティーナとアルベルトの尽力で窮地を救われたことにより、いよいよグレンの反撃が始まるのです。

 

再結成されたグレン&アルベルトの帝国軍コンビがすごく良かった!
あとがきではアルベルト女性化に迷ったみたいなことが書いてありましたが、絶対にこっちの方が良いです。女性キャラで・・・となるとテンプレ感が強くなっちゃいますし。
主人公と同性の親友キャラが格好良く活躍できる作品は良作が多い法則(注私見)がまた証明されてしまった・・・・・・

昔取った杵柄的コンビプレーも良かったのですが、手分けしてからもそれぞれが単独で戦ってカッコイイというのが最高ですね!
アルベルトはこ今回で良キャラとして大きな存在感を得ることに成功したのではないでしょうか。

 

そして肝心のリィエル戦。
「兄」の存在に惑わされ、自分の正体を知って混乱するリィエル。それを叱咤するグレンのお説教が今回も冴えていました。
「人間ですらないのに」「俺の身内には結構いるぞ!?セリカとかセリカとか」
「生まれた意味がわからない」「思春期乙!」

が最高でしたww
ああいう悩みって変に真っ正面から一緒に悩むより、放り出して前を向かせる方が絶対にいいはず。グレンは良い先生だ。

リィエルの過去は予想以上に重くて悲しいものでしたが、今回で立ち直れて本当に良かった。今度こそルミアと白猫と一緒に仲良し3人組になれそうです。それがきっとイルシアだった少女の心も救うことになるはず。

 

さて、今回の騒動は小悪党なクズを一掃してまるっと解決したものの、天の智慧研究会との戦いに変化はなし。
エレノアが何か不気味な成果をあげていることを考えると、一歩出遅れてしまったような気さえします。怖いなー。
狙いはやはり王族?
そういえば、王室の血族に異能発現者が生まれることに何か秘密がありそうだし、そこに迫害の理由もあるようだし、ますます謎が多くなってきました。この世界観の広げ方は良いスピード感。

 

システィーナも今回で一皮むけたっぽいし今後の成長が楽しみです。
だが正ヒロインはルミア。異論は聞きませんー(○’ω’○)

 

とにかく早く5巻が読みたいです!!(^^)/

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。