ロクでなし魔術講師と禁忌教典4

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典〈アカシックレコード〉4』(羊太郎著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (4) (富士見ファンタジア文庫)
ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (4) (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
ロクでなし魔術講師と禁忌教典3 | 晴れたら読書を

2015年7月刊。
面白かったーー!
前巻の衝撃のラストから続く第4巻。
アルベルトとグレンの悪友コンビが最高でしたw

☆あらすじ☆
分かり合えていたはずの想いは、無残にも引き裂かれた。「…実は、わたし、あなた達の敵」「…う、嘘…嘘よ…そんな…」天の智慧研究会の魔の手により闇へと堕ちたリィエル。システィーナの説得も空しく、リィエルは親友ルミアを誘拐し―。一方、死の淵から復活を遂げたグレンは、アルベルトとの帝国軍コンビを再結成。反撃の狼煙を上げる!「…行こうか。頼りにしてるぜ、相棒」「抜かせ、誰が相棒だ。寝言は寝て言え」かつての盟友と、囚われし少女たちの奪還を目指す!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ロクでなし魔術講師と禁忌教典4

彼女は戦争妖精6

『彼女は戦争妖精〈ウォーライク〉6』(嬉野秋彦著/ファミ通文庫)★★★★☆

彼女は戦争妖精6<彼女は戦争妖精> (ファミ通文庫)
彼女は戦争妖精6<彼女は戦争妖精> (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
彼女は戦争妖精5 | 晴れたら読書を

2010年8月刊。
不穏すぎる展開が続きます・・・・・・。
前哨戦のような雰囲気。
これから、どうなってしまうのでしょうか(((゜Д゜;)))

☆あらすじ☆
さつきまでもが“鞘の主”となり、ますます不安の種が増えてしまった伊織。そんな彼に、敵対関係にあると思われていた由良健二とマラハイドが接近してくる。イソウドの強引な介入により他の“吟遊詩人”たちもそれぞれ“妖精の書”を巡り行動を始めたのだ。北への旅路を往く“男爵”、頼通とルテティアの前に姿を現すラ・ベル…。対照的に、不本意な戦いを続けることへの疑問が膨らむ伊織だが、突然のあの男の声に感情を抑えきれず―混迷の第6巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 彼女は戦争妖精6