いつか世界を救うために クオリディア・コード

『いつか世界を救うために ークオリディア・コードー』(橘公司著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

2015年7月刊。
「クズと金貨のクオリディア」(ダッシュエックス文庫)に続くプロジェクト・クオリディアの第2弾。
ただしストーリーに絡みはなく(シェアードワールドだから後々関係するのかな?)、単体でめちゃくちゃ楽しめます。とても面白かった!!
人類の敵と戦う少年少女。その頂点に立つヒロイン。そして、彼女の暗殺命令を受けた主人公。
無敵のヒロインを主人公はストーキング出来るのか!?じゃなかった殺すことが出来るのか!?という学園バトルファンタジーです。
変態とストーカーと熱いバトルのてんこ盛りでした。腹痛いくらい笑ったー!

☆あらすじ☆
西暦二〇四九年。世界は終わるかと思ったが、終わらなかった。突如として現れた正体不明の『敵』―“アンノウン”と戦争を続ける人類。防衛都市のひとつ神奈川の学園に転校してきた紫乃宮晶。彼の目的は『神奈川序列第一位・天河舞姫を暗殺すること』。しかし『最強』の称号を有し、人類の希望である少女の強さはあまりにも規格外で…。「のぞきではない。監視だ」「今は胸を調べている」「無論、尾行だ」「変態ではない、調査だ」「秘密裏に行う家宅捜索だ」舞姫の全てを知るための観察が始まった!?新世代ボーイ・ストーキング・ガール!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む いつか世界を救うために クオリディア・コード

翼の帰る処2 鏡の中の空(上)

『翼の帰る処2 ー鏡の中の空ー(上)』(妹尾ゆふ子著/幻冬舎コミックス)★★★★☆

翼の帰る処 2 ―鏡の中の空― 上
翼の帰る処 2 ―鏡の中の空― 上

前巻の感想はこちらから
翼の帰る処1 下 | 晴れたら読書を

2012年11月刊。初出は幻狼ファンタジアノベルス2009年7月刊。
深く深く物語の世界に没入していける読み心地が最高です。
展開が進むほどに面白くなっていきますね。
それにしても、ヤエトは「面倒くさい」と「隠居したい」が口癖のくせに相変わらずの働きアリです。
働けば働くだけ仕事が増えちゃう不憫な人・・・・・・
虚弱社畜系主人公だなぁ(´-ω-`)

☆あらすじ☆
蛮族との戦で傷ついた北嶺の復興のため、病弱な体を押しながらも奮闘するヤエト。そんな彼に、皇女の推薦で貴族に出世するという「悪い知らせ」が飛び込んでくる。失意の中、新年祭のために皇女と都に向かった彼は、その式典の最中、さらなる衝撃の事実を知らされることとなる・・・・・・。

以下、上下巻まとめてのネタバレあり感想です。

続きを読む 翼の帰る処2 鏡の中の空(上)