偏愛ストーリーテラーズ


『偏愛ストーリーテラーズ』(小野上明夜著/ビーズログ文庫アリス)★★★☆☆

2015年7月刊。
少女小説には珍しい現代異能バトルもの。
ライトノベル全般からすると異能バトルとしての目新しさはそこまでないのですが、主人公の歪んだ信仰心とそれに翻弄されるヒーローの関係が実に良かったです。
かつての「神」を憎悪しながら、その呪縛から救ってくれた新たな「神」としてヒーローを盲信し偏愛する主人公。
この偏愛がとても残酷なのです。
彼女にかかった「本当の呪い」が解けるのは一体いつになるのでしょうか。
ぜひシリーズ化してほしい新作です( ・ㅂ・)و ̑̑

☆あらすじ☆
ストーリーテラー。それは歪んだ童話の呼弥を持つ異能の使い手たち。『冷血王』御堂十全に心を凍らされた『血まみれ赤頭巾』使いの日野宮茜子は、彼の命で『美しき獣』空宗雄大を襲うも返り討ちに遭う。あっさり支配から解き放ち、「お前は俺のものだ」と不敵に笑う雄大。その日から彼のために戦うと決めた茜子は、個性的な能力者だらけの自治区『ワンダーランド』で暮らすことになるが―!?世界の片隅で生きる、おかしな奴らの希望と執着の物語!

以下、ネタバレありの感想です。

 

童話をモチーフにした異能ワンダー
それを扱うストーリーテラーを悪事に利用する御堂十全率いるデッドカントリーと、居場所のないストーリーテラーの受け皿となる空宗雄大率いる自警団的自治組織ワンダーランド
物語は二つの組織の敵対関係とその中にある人間関係を描いていきます。

 

主人公である日野宮茜子は、かつて十全を「神」と信仰し、彼の支配から解放された後は雄大を「神」として崇め慕うストーリーテラーの少女。

この「神への愛」がとても残酷で、それこそがこの作品のキモだと思うのです。

一見すると、自分を操っていた十全を憎み、雄大という「神」に無償の愛を捧げている茜子。
しかし、よくよく彼女の言動を注意すると、とてもとてもオカシイ。
何かにつけて雄大を持ち上げるのに、そこに常に引き合いに出されるのは十全の存在。
彼女が誰を強烈に意識し、雄大を誰に重ねているのかは誰の目にも明らか。誰を忘れられないのか、彼女自身すら分かっていて自分の気持ちから目を背けるのです。

 

ワンダーによって世間から弾かれた茜子にとって、「神」とは自分の居場所であり拠り所
だからこそ、そこに揺るがない絶対的なものを求め、揺らぎ移ろう人間の感情に怯えてしまうのかもしれません。
自分に最低限の感心しか寄こさなかった「残酷な神」十全と違い、雄大は茜子を「少女」として見る「少年」の顔を持っている。
その不安定さが、茜子に必要以上に十全と雄大を比べさせてしまうのかもしれません。
茜子が十全に恋をしていたのかどうかは微妙なところだと思っていますが・・・・・・どうなんでしょう。

 

一方の雄大は、茜子からの熱烈信仰に絆されたにもかかわらず、茜子からはさっぱり「男」として意識してもらえずじまい。
葛藤してあれやこれやアピールするものの空振り。なんと不憫な・・・・・・。
茜子にかかった「本当の呪い」が雄大を苦しめるものの、後半では少しずつ関係改善の糸口が見えてきてホッとしました。
常に十全と比較される自分の状況をもどかしく思いつつも、なんとか頑張ろうとする雄大はとても応援したくなるキャラでした。がんばってほしいな。

 

という感じで、茜子と雄大の関係は非常にもどかしくて素敵だったのですが、惜しかったのは十全のキャラクター。
うーん、茜子の心に深く棲みつき、三角関係の一角を担うボスキャラのはずなんですが、このどうしようもない小物っぷりはとてもとても残念(´・ω・`)
中二をこじらせてるところは別に良いんですけど、発端が横恋慕の逆恨みってどういうことだww吹いたわwww
茜子と雄大の関係を複雑にしている諸悪の根源の割に、雄大より魅力が格段に落ちてしまうのはちょっといだたけませんねぇ。
今のままだと底が浅い悪役でしかないので、ぜひ続刊で彼のキャラクターを掘り下げてほしいところ。

 

異能バトルな点については、正直、そこまでの目新しさはなかったですが(私が少年向けラノベを読みすぎだからかも)、特に不満点はありませんでした。
全体的に物理押しが目立ったものの、赤頭巾の三段階変形はとても良かったと思います。格好良し。

 

少女小説では珍しい現代異能バトルへのチャレンジなので、ぜひシリーズ化して頑張って欲しいです。
次巻をお待ちしています(*゚▽゚)ノ

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。