イレギュラーズ・リベリオン1 王者の紋章

『イレギュラーズ・リベリオン 1.王者の紋章』(尾地雫著/GA文庫)★★★☆☆

2015年7月刊。
ガガガ文庫でも新人賞を獲っていた新人さんです。すごいなー!
なかなか面白い作品でした。
留年した元エリートが落ちこぼれ部隊を立て直しながら、自分の過去と向き合っていく物語。
新旧の部隊が並行して描かれるため登場人物は割と多めなのですが、それぞれのキャラが個性的に描かれていたと思います。
徐々に明かされる主人公の過去、それに対する葛藤、そこからの奮起という流れも王道ながら読んでいて楽しかったです。

☆あらすじ☆
超自然の力を操る紋章騎士の養成学校―マーテリア騎士学院。そこに歴代最高成績で入学し、最強部隊で活躍していたハンティス=ハーミリオン。ところが、今は落第生としてドジっ子のマロンを筆頭に、問題児ばかりが揃う落ちこぼれ部隊の隊長となっていた。しかしある日、学院を揺るがす事件が勃発し、ハンティスの前に忌まわしい過去の因縁が再び姿を現す。「俺はもう逃げないって決めたんだ」元エリートと落ちこぼれたちの反撃が、いま始まる!第7回GA文庫大賞・優秀賞受賞の王道バトルファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む イレギュラーズ・リベリオン1 王者の紋章

偏愛ストーリーテラーズ

『偏愛ストーリーテラーズ』(小野上明夜著/ビーズログ文庫アリス)★★★☆☆

2015年7月刊。
少女小説には珍しい現代異能バトルもの。
ライトノベル全般からすると異能バトルとしての目新しさはそこまでないのですが、主人公の歪んだ信仰心とそれに翻弄されるヒーローの関係が実に良かったです。
かつての「神」を憎悪しながら、その呪縛から救ってくれた新たな「神」としてヒーローを盲信し偏愛する主人公。
この偏愛がとても残酷なのです。
彼女にかかった「本当の呪い」が解けるのは一体いつになるのでしょうか。
ぜひシリーズ化してほしい新作です( ・ㅂ・)و ̑̑

☆あらすじ☆
ストーリーテラー。それは歪んだ童話の呼弥を持つ異能の使い手たち。『冷血王』御堂十全に心を凍らされた『血まみれ赤頭巾』使いの日野宮茜子は、彼の命で『美しき獣』空宗雄大を襲うも返り討ちに遭う。あっさり支配から解き放ち、「お前は俺のものだ」と不敵に笑う雄大。その日から彼のために戦うと決めた茜子は、個性的な能力者だらけの自治区『ワンダーランド』で暮らすことになるが―!?世界の片隅で生きる、おかしな奴らの希望と執着の物語!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 偏愛ストーリーテラーズ

ようこそ黒椿屋へ!2 フラグを折るのは美少年ですか?

『ようこそ黒椿屋へ! 〜フラグを折るのは美少年ですか?〜』(妙見さゆり著/ビーズログ文庫アリス)★★★☆☆

【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
ようこそ黒椿屋へ! 根暗男子にフラれたんですけど | 晴れたら読書を

2015年7月刊。
現代あやかしファンタジー第2弾。
表紙がヒーロー単独って少女小説でも珍しいような気がします。そしてエローい。本編でも柊夜は相変わらずエローい。
前巻よりも粗が目立ったものの、そんなんどうでも良くなるくらいたっぷり砂糖吐いたので満足しました(*´∀`)あまーい!

☆あらすじ☆
恋のフラグを折るのは中学生!? 身悶え度1200%! 外面天使×根暗(?)男子の裏表Days続編!
お互いの秘密を知った外面天使の胡桃と根暗男子の柊夜。2人の仲は急接近かと思いきや!胡桃の前にどこか柊夜に似た中学生が現れた!戸惑う胡桃だが、少年のおねだり(+上目使い☆)も無下にできない!
一方、心中穏やかでない柊夜は……!?「嫉妬? してるよ」柊夜の色気度1200%盛り!!!?えんため大賞受賞作、待望の第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む ようこそ黒椿屋へ!2 フラグを折るのは美少年ですか?