【雑記】2015.7.15


ブログ史上初の2日連続【雑記】更新です。ちなみに歴史はとても浅い。

1.オーディオブックの定額聴き放題サービス「Audible」にこのラノ文庫が入ってた!
2.「掟上今日子の備忘録」ドラマ化決定
3.リゼロのアニメ化??
4.夏アニメ「乱歩奇譚」見てます
5.SF小説がSFであることの必然性とは

以下に続きます(`・ω・´)ノ

 

1.オーディオブックの定額聴き放題サービス「Audible」が日本上陸 月額1500円(ITmedia eBOOK USER)

「Audible」(公式サイト)はAmazon傘下のサービスで、ライトノベルを含む様々な書籍の朗読が聴けるというサービス。
1か月無料お試しができるということだったので、試しに登録してみました。
で、お目当てのラノベのラインナップなのですが、なんと電子書籍化していない「このライトノベルがすごい!文庫」が入ってるじゃないですか!おい!電子書籍はまだか!!

今のところライトノベルジャンルにあるのは、
・「走れメロス」「坊っちゃん」などの名作文学を読み上げる「朗読少女」シリーズ
・バカとテストと召喚獣
・文学少女
・アリスinりありてぃーわーるど
・キリノセカイ
・イタズラなkiss
・萌えで読むシリーズ(?)
・恋愛負け組みの僕にHなメイドが届きました
・山男と男装の美女 ミツキイのジヨンニイ
・盗聴探偵物語
・セクステット
・スクールライブ・オンライン
・ロゥド・オブ・デュラハン
・オレを二つ名で呼ばないで!
・クロス・エデン
・創世の大工衆
・しずまれ!俺の左腕
・ドS魔女のXXX
・たませんっ!目玉焼き戦争
・モテモテな僕は世界まで救っちゃうんだぜ(泣)
・ヒメタン!
・魔法少女育成計画
・ファンダ・メンダ・マウス
・暴走少女と妄想少年
・伝説兄妹!
・ランジーン×コード

あとは、田中芳樹さんの銀河英雄伝説とかもありました。ちょっと検索性が微妙なので読み落としありきの雑なリストですが、目に付いたところではこんな感じ。ざっと見た感じ、このラノ文庫が多め?マジメに探せば他のレーベルもあるのかもしれませんが。

試しに「魔法少女育成計画」を聞いてみましたが、・・・・・・うん、私は耳で聴くより目で読む方がいいかな。でも予想よりは聞きやすい朗読でした。
このラノ文庫、電子書籍化してくれないかなぁ(´・ω・`)

 

 

2.西尾維新作品、初の実写ドラマ化 「掟上今日子の備忘録」日本テレビで10月から(ITmedia eBOOK USER)

アニメじゃないのか!しかも新垣結衣主演!!
びっくりしました。あのシリーズ、他の西尾維新作品に比べて読んでる人ってどれくらいいるのでしょうか?まさかもうドラマ化するなんて。
そういえば私は1巻を読んでそれっきりだったなぁ。せっかくだから近いうちに2巻を読みたいと思います。

 

 

3.小説家になろう原作ラノベ『Re:ゼロから始める異世界生活』アニメ化決定か!? 角川がアニメ公式サイトらしきドメインを登録する(まとレーベル)

おおー、リゼロがアニメ化するかもしれないんですか。
なかなかに鬱展開しまくって読者を振り落としにかかる系の作品な気がしますけど、アニメ化するならめでたいですね。絶対見ます( ・ㅂ・)و ̑̑
そうそう、こないだ出たばかりのリゼロの外伝は素晴らしい出来でした。本編再開はいつかな?

 

 

4.「BL乱歩」「変態乱歩」…リブレ出版が江戸川乱歩の世界を表現! 乱歩傑作集3巻連続で刊行開始(ダ・ヴィンチNEWS)

ノイタミナの新アニメ「乱歩奇譚」見てます。性別迷子なコバヤシくんが正しくサイコパスすぎて、絶対こいつ最終的にナニかやらかすと思っています。なので最後まで見届ける予定。

江戸川乱歩没後50年という節目の年ということで、乱歩ブームが静かに起こっている様子。
私にとって乱歩は小さい頃に愛読していた少年探偵団シリーズのイメージが強いのですが(そのせいで少年探偵団以外で初めて読んだ「人間椅子」に衝撃を受けた)、リブレが出す傑作集はそっちじゃないですね。エロくて変態満載の方の乱歩ですね。
そういえば「芋虫」「人間椅子」「屋根裏の散歩者」は読んだことがあるけど、「孤島の鬼」はまだ読んだことがなかったなぁ。

 

 

5.SF小説とプロットについて(togetter)

最近、にわかにSF小説に興味を示し始めたところでこの話題。
SFである必要性が存在しないSF小説はプロットが破綻しているのではないかという問題提起、なのかな。SFである必然性がないならSF小説とするべきではないのでは?という話。

このまとめで言い出しっぺの山本弘先生は色んな批判をされたりもしていますが、私もSF小説として読んでSF部分が物語から浮いていたら首を傾げてしまうかも。問題の本を読んでいないので何とも言えないところではありますが。
そもそも「SFとは何か」という定義が個々人で大きく違いそうです。ラノベ定義論っぽいなー。不毛な気配・・・・・・。

そういえば山本弘先生の本、つい先日初めて買ったばかりでした。タイムリー。今月中には読みたいなぁ。

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。