オーバーロード1 不死者の王


『オーバーロード1 不死者の王』(丸山くがね著/エンターブレイン)★★★★☆

オーバーロード1 不死者の王

2012年8月刊。
ずっと積んでいたのですが、アニメ1話を見て慌てて読みました。
面白かったー!
まだプロローグという感じではあるものの、徐々に人外的な思考が染まっていく主人公や彼を盲信する部下達のキャラクターがとても良い。
特に愛が暴走しすぎてキャラ崩壊しちゃってる美女は面白すぎましたww
近未来MMORPG+異世界召喚(?)という合わせ技も楽しいです。
謎が多いので、今後の展開にとても期待しています!

☆あらすじ☆
その日、一大ブームを起こしたオンラインゲーム、“ユグドラシル”は静かにサービス終了を迎えるはずだった。―しかし、終了時間をすぎてもログアウトしないゲーム。意思を持ち始めたノンプレイヤーキャラクター。なにやらギルドごと、異世界に飛ばされてしまったらしい…。現実世界ではゲーム好きの孤独でさえない青年が、骸骨の見た目を持つ、最強の大魔法使い“モモンガ”となる。彼が率いるギルド『アインズ・ウール・ゴウン』の伝説が、いま始まる!圧倒的人気のWEB小説の書籍化。

以下、ネタバレありの感想です。

 

DMMORPG「ユグドラシル」がサービスを終了したとき、ひとり静かに終わりを迎えるはずだったモモンガはログアウトできないままギルド「アインズ・ウール・ゴウン」の本拠地の中にいた。

ここはゲームの中なのか?それともゲームによく似た異世界なのか?

大きな謎を抱えたまま、モモンガは意志をもったNPCたちと共に情報収集に乗り出す・・・・・・というのが1巻のストーリー。

 

あらすじに「ギルドごと」とあったのでてっきり他のプレイヤーも一緒だと思っていたのですが、今のところモモンガひとりぼっち。
それでも、もしかしたら誰か他の「ユグドラシル」プレイヤーが同じように来ているかもしれない。
そのためにモモンガはギルドの名を世間に知らしめて、いるかもしれない仲間たちに名が届くように行動を開始する、というのがシリーズの方向性ということになるのでしょうか。

 

少しでも名を知らしめるため、ということでアインズに改名しちゃったのは残念でしたが・・・・・・「モモンガ様」っていうシュールな響きが楽しかったのにww

 

まぁ、段々とアンデッドっぽい思考に染まっていく彼には、もはや「モモンガ」なんて可愛らしい名前は似合わなくなっていましたが。
アレちょっと不気味ですよね。骸骨な見た目にそぐわず生真面目っぽいキャラだったのに、見た目に合わせて中身が変容していくアインズ。
同じ種族だったはずの人間を虫けら扱いするわ、道義より利益を優先するわ、なんというダークヒーロー(((゜Д゜;)))おおお、面白くなってきた・・・・・・!
なんとなく異世界召喚というより異世界転生っぽい感じがするような?

 

そんなアインズを心酔して忠誠を捧げる元NPCの守護者たちも良いキャラでした。
特にアルベドが楽しすぎましたw
アインズ様大好きちょー愛してるって思考ダダ漏れすぎです。なにこの残念美人めっちゃカワイイなww

 

他の守護者も似たり寄ったりな思考なんですが、最後の勘違いがどうなっていくのか楽しみです。
アインズの望みを曲解しちゃった彼らはマジメに世界征服に乗り出すのでしょうか。
今回の戦いを見る感じ、アインズの敵はいなさそうだから余裕っぽいですけど、どうなるかなー?

 

とても面白い1巻でした。2巻以降も楽しみ!
アニメも楽しく視聴継続予定ですヾ(*˙︶˙*)

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。