竜は神代の導標となるか2

『竜は神代の導標(しるべ)となるか2』(エドワード・スミス著/電撃文庫)★★★☆☆

竜は神代の導標となるか (2) (電撃文庫)
竜は神代の導標となるか (2) (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから
竜は神代の導標となるか | 晴れたら読書を

2015年7月刊。
鉄の竜で一騎打ちする英雄譚の第2巻。
進行は丁度良い感じ。この調子で頑張って欲しいシリーズです。

☆あらすじ☆
王国最強と謳われる蒼竜騎士ルガールにからくも勝利したカイ。それは驚きをもって近隣の領主たちに受け入れられる。あっけなく鎮圧されると思われた郡主たちの反乱は、王国の歴史に新たな1ページを刻もうとしていた。エレナの兄リチャードなど優秀な補佐も揃い、カイたちはヴェーチェル領を制圧すべくシギル家の本城に迫る!本来なら、すでに勝敗は決したと言ってもよい戦い。だが、ウェイン・グローザはさらなる刺客を送り込む。通称「蛇」。その者は王国軍においても畏怖される実力の持ち主らしい。ヴェーチェル城攻防戦の決着はいかに!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 竜は神代の導標となるか2

百錬の覇王と聖約の戦乙女6

『百錬の覇王と聖約の戦乙女〈ヴァルキュリア〉6』(鷹山誠一著・HJ文庫)★★★★☆

百錬の覇王と聖約の戦乙女 (6) (HJ文庫)
百錬の覇王と聖約の戦乙女 (6) (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
百錬の覇王と聖約の戦乙女5 | 晴れたら読書を

2014年11月刊。
おお、ここでこの展開か・・・・・・(; ・`д・´)…ゴクリ…
異世界召喚モノというジャンルの中で個人的に好みな展開に入ってきてくれました。お約束ですが、タイミングが非常にニクい。
この後の展開が超気になります!!

☆あらすじ☆
勇斗の前に突然現れた、神帝シグルドリーファ。ユグドラシル全土に君臨する彼女が幼馴染みの美月と瓜二つであることに驚きながらも、勇斗はお忍び中の彼女を宮殿でもてなすことに。彼女から現代に帰る手がかりを聞き期待を膨らませる勇斗。だがそのとき、宿敵・虎心王ステインソール率いる“雷”の軍勢が襲来!勇斗は新たな奇策をもって迎撃に挑むが!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 百錬の覇王と聖約の戦乙女6