我もまたアルカディアにあり

『我もまたアルカディアにあり』(江波光則著/ハヤカワ文庫JA)★★★☆☆

我もまたアルカディアにあり (ハヤカワ文庫JA)
我もまたアルカディアにあり (ハヤカワ文庫JA)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年6月刊。
なかなか感想を書くのが難しい作品でした(^^;)
「終末に備えて」人々が収容され暮らし続けるアルカディアマンション。そこの住民であるオッドアイの一族をメインに描かれる物語です。
引き込まれるように最後まで一気に読んでしまったのですが、振り返ってみると「これはどういう話だったと考えるべきなのだろう?」と唸ってしまいました。
とりあえず、「万人に等しく理想郷」なんてものはないんだろうなぁと、タイトルの皮肉だけが心に残りました。

☆あらすじ☆
我々は世界の終末に備えています―そう主張する団体により建造されたアルカディアマンション。そこでは働かずとも生活が保障され、ただ娯楽を消費すればいいと言うが…創作のために体の一部を削ぎ落とした男の旅路「クロージング・タイム」、大気汚染下でバイクに乗りたい男と彼に片思いをする不器用な少女の物語「ラヴィン・ユー」など、鬼才が繊細な筆致で問いかける閉塞した天国と開放的な煉獄での終末のかたち。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 我もまたアルカディアにあり

鍵屋甘味処改2 猫と宝箱

『鍵屋甘味処改2 猫と宝箱』(梨沙著/集英社オレンジ文庫)★★★★☆

鍵屋甘味処改 2 猫と宝箱 (集英社オレンジ文庫)
鍵屋甘味処改 2 猫と宝箱 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから
鍵屋甘味処改 天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常 | 晴れたら読書を

2015年6月刊。
ノラ猫女子高生と無愛想な鍵屋さんの日常を描くシリーズの第2弾。
今回も面白かったです。コメディありシリアスありの連作短編形式も変わらず。
ラブ方面については・・・・・・この微糖具合がたまりません(⌒~⌒)

☆あらすじ☆
冬休み、母とケンカをして家出した女子高生こずえは、ひょんなことから鍵師の淀川と知り合い、彼の家で数日間の居候生活を送った。今は母とも仲直りし、週末だけ淀川の仕事を手伝いに行っている。かつての依頼人から謎の荷物が届いたり、こずえを心配する母・夏帆がこっそり様子を見に来たり、必死の形相で女の子が飛び込んできたり―鍵屋は今日も忙しくて…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鍵屋甘味処改2 猫と宝箱