青雲を駆ける2

『青雲を駆ける2』(肥前文俊著/ヒーロー文庫)★★★★☆

青雲を駆ける 2 (ヒーロー文庫)
青雲を駆ける 2 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから
青雲を駆ける1 | 晴れたら読書を

2015年6月刊。
現代の鍛冶師が召喚された異世界でものつくりをするシリーズの第2弾。
今回も様々な便利グッズがエイジの手によって生み出されていきます。とても面白かったです!

☆あらすじ☆
ナツィオーニの町から帰ったエイジは、村の開発に力を注ぎ始め、初めて迎える冬の準備を行う。冬ごもりの食料対策や、家の補修を行う中、ナツィオーニからの褒美や、豊穣祭といった実りのある日々。そんな平和な日常が、エイジの元に訪れた一人の男―青銅鍛冶職人レオによって、小さなさざなみを起こす。レオは自信に満ちた表情で言う。「青銅と鉄、どちらが美しさで優れているか、勝負しましょう」。勝負を挑まれたエイジは、持ち込まれた美しいフェニックスの置物を見て、圧倒的不利を感じ取る。だが、職人の誇りにかけて、断ることも出来ないでいた。そして、騒動はそれだけでは終わらなかった―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 青雲を駆ける2

【雑記】2015.7.10

今日はブログの表示がめっちゃ遅くなるという不具合が起こっていたのですが、ようやく復旧しました。よかったよかった。

1.電子文芸誌「小説屋sari-sari」を知っていますか
2.漫画・アニメの実写化。そんな理由でめちゃくちゃにされていたのか・・・・・・
3.講談社の新レーベルか!?
4.ラノベ感想ブログを始めたい方へ
5.ライトノベルって攻撃しやすいんだろうなぁ

以下に続きます(`・ω・´)ノ

続きを読む 【雑記】2015.7.10