神殺しの救世主


『神殺しの救世主』(多崎礼著/角川書店)★★★☆☆

神殺しの救世主
神殺しの救世主

2015年7月刊。
個人的には「夢の上」以来の多崎礼作品でした。
舞台は終末神話が現実となり、滅びゆく世界。消えてしまった義兄に代わり、主人公は救世主を守る守護者を集め、邪神と戦い、人々を「約束の地」へと導くための旅に出ることになるのです。
自分の元に集う仲間達との絆を育みながら、残酷な神の筋書きへ疑問を抱いていく主人公。
使命か仲間か。揺れ動く気持ちを抱えた主人公が運命に立ち向かう物語です。
物語に仕込まれたある仕掛けはなかなか面白かったのですが、できれば1冊にまとめずシリーズ化してほしかった・・・・・・。

☆あらすじ☆
これは、世界を拓く物語―。長年に亘る戦で荒廃した世界。そこでは語り継がれる終末神話があった。「この世の命数が尽きる時、『邪神』が現れ、世界は終焉の時を迎える。しかし、創造神は一人娘をこの地に遣わし、その『救世主』は五人の『守護者』と共に人々を新世界に導く―」と。終末の到来を予感した少女・ノト。かつて『守護者』の責務から逃げた彼女は、王と、国と、神と、そして運命と斬り結ぶことを決断する!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

創造神の命数が尽き、邪神が現れ、世界は終焉の時を迎える。
その終末神話が実現しつつあることを、義兄ホリディの消失により確信したノト
ノトは、人々を約束の地に導く救世主を守るため、5人の守護者を集めていくことを決意します。
それが自分と守護者達を滅びの運命に導くことだと知りながら。

 

というスタートを切る本作。

 

義兄と自分以外の3人の守護者集めはサクサクと進み、「救世主」セルヴィアも中盤で早々と登場。
そして物語は終末神話や七つの預言をなぞるのではなく、運命に逆らい、人類も自分たちも生き延びる道を切り開いていく、という方向へと進んでいくのです。

 

テーマもストーリーも悪くなかったのですが、正直、拙速すぎるように感じました。ダイジェストっぽいというか。
仲間集めから国家間の戦争を止め、さらに邪神と対決。全部を1冊でやろうとするなら確かにこのくらいの展開の早さが必要だったのでしょうけれど・・・・・・。
そのせいで情緒的な部分が切り詰められ淡々とした印象になってしまったのは残念。
情感を理解できないと言いつつもノトの心は揺れ動いていたし、ページ数があればノト視点からでも他のキャラをもっと深く掘り下げることができたんじゃないかなぁ。
物語もキャラも魅力的なだけに、ひとつひとつのエピソードをもっと堪能したかったです。

 

まぁ、そんな感じで終盤に至るまで「ページが足りないよぉぉ・・・(´;ω;`)」と泣きながら読んでいたのですが、最後の最後で明かされる世界の秘密は良かった!!

 

これSFじゃないじゃないですか!

 

プロローグの科学者っぽい人たちの会議とか、六角形の妖精とか、ノトの頭に鳴り響く警告文とか、そもそも約束の地ってどこだよ?とか思ったりしていたのでちょっとは予想していたんですけどね(ドヤ顔)
終末神話によってこの筋書きを作らねばならない理由については予想外でしたが・・・・・・。

 

こういう世界観は好きなので、良い着地を決めてくれて満足です。
ラストのハッピーエンドはちょっとご都合主義満載でしたが、まぁ悲劇よりは良いです。グレイッシュがんばれ!

 

しかし前提条件を頭に入れると、序盤の「この子は負けない」云々のセリフってすごく寒々しいですね。
邪神にして殺すつもりだったくせに、と思ってしまいました(・ω・;)

 

深刻なページ数不足を感じつつも、オチが気に入ったので満足できた作品でした。

多崎さん、シリーズものの新作をお願いします・・・・・・待ってる間に積んでるアレとかコレとかは読んでおこうと思います( ´ ▽ ` )ノ

神殺しの救世主
多崎 礼
KADOKAWA/角川書店
スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。