ギルティ・アームズ1 遺物の少女


『ギルティ・アームズ1 遺物の少女』(秋堂カオル著/GA文庫)★★★☆☆

ギルティ・アームズ1 遺物の少女 (GA文庫)
ギルティ・アームズ1 遺物の少女 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年6月刊。
古代超文明アトランティスのオーパーツを巡る、元傭兵の少年と古代兵器の少女のボーイ・ミーツ・ガールもの。
ストーリーや設定はなかなか面白かったはずなのですが、わんちゃんが強烈すぎてわんちゃんしか記憶に残ってない・・・・・・(((゜Д゜;)))

☆あらすじ☆
場違いな工芸品“オーパーツ”。その真実は世界の覇権を左右する、古代文明の危険な遺物だ。幼少よりその争奪戦に参加していた元傭兵・古耶新螺。彼の新たな仕事は最凶最悪の少女型オーパーツ、“水晶天使”アルルの護衛だった!少女を狙うは秘密結社“先導師団”に、政府の極秘組織“OWL”。共に過ごす中で徐々に心の距離を縮めていく二人。だが「場違いな」少女の護衛はやがて、世界に終焉をもたらす事態へと発展し―超古代×現代の武力が激突する最強ヒロイックアクション、作戦開始!

以下、ネタバレありの感想です。

 

元傭兵古耶新螺は、古代兵器「水晶天使」であるアルルの護衛をし、彼女を狙う「先導師団」の伯爵と戦うことになる、というストーリー。

 

なんですが、もう一人のヒロインであるリチアが強烈すぎて、読み終わったらこの牝犬の記憶しか残ってない・・・・・・(((゜Д゜;)))

 

どんな話だったか?と聞かれたら「わんちゃんが気持ち良いことを求めてた話!」と答えてしまうくらいわんこのインパクトがやばい。

 

クライマックスのシリアスなシーンも

「ああ、重力が私を翻弄致しますのぉぉぉっ!」

で台無し。マジで台無しww

 

なんだろう、「新螺が自分の生きる道を探す物語」だとか、「兵器として生きてきた新螺と兵器として生まれたアルルの絆の物語」だとか、はたまた「オーパーツをめぐる古代ロマンあふれる物語」だとか、他にいろいろ言えそうな作品なのに、「牝犬がご主人様に気持ち良くしてほしがる話」としか思い出せないんですよね。リチア罪深い。

 

あと、正直ちょっと新螺がどうしてアルルを護衛しているかの説明がよくわからなくて、そこで物語に入り込みづらかったというところもあるのかも。

 

でもリチアが楽しすぎたので、全体的に満足しました。

 

2巻に出てくる予定の手稿って、ヴォイニッチ手稿とかでしょうか。
気になるので、次巻も読むと思いますヾ(*˙︶˙*)

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。