CtG ゼロから育てる電脳少女3

『CtG〈クレイドル・トゥー・ザ・グレイヴ〉ーゼロから育てる電脳少女ー3』(玩具堂著/角川スニーカー文庫)★★★★☆

CtG ─ゼロから育てる電脳少女─ (3) (角川スニーカー文庫)
CtG ─ゼロから育てる電脳少女─ (3) (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
CtG ゼロから育てる電脳少女2 | 晴れたら読書を

2015年7月刊。
完結巻です。
打ち切りなのかもしれませんが、この世界の一部を「断章」として切り取った作品としては綺麗に完結していると思います。
伏線もあらかた回収しているようですしね。今回もとても面白かったです。

☆あらすじ☆
突然、ハルハの“母親”を名乗った女の子・日下秋理。あの手この手でハルハに近づく秋理は、遊にも強引に接近する。それが美遥と冬風のライバル心を刺激して、ついには四角関係に!?そんなある日、ハルハが眠りついたっきり、起きなくなってしまう。遊たちは調査を開始するが、そこで秋理の隠された秘密、そして全人類を巻き込む衝撃の事実を知ってしまい―!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む CtG ゼロから育てる電脳少女3