ラン・オーバー

『ラン・オーバー』(稲庭淳著/講談社ラノベ文庫)★★★★☆

ラン・オーバー (講談社ラノベ文庫)
ラン・オーバー (講談社ラノベ文庫)

2015年7月刊。
第4回講談社ラノベ文庫新人賞佳作受賞作。
発売直後から読んだ人の感想を見て気になっていたのですが、購入の後押しをさせたのは選考委員である榊先生の以下のツイートでした。


※記事というのはアキバblogのこちらのエントリのこと

読んだ人みんなが「怪作」だの「問題作」だの言うんだから読むしかないじゃないですか。ラノベって、意外とそういう評を得る作品は多くないんですから。
そして、読んで思いました。
「これは面白い。だけど人に面白いから読んで!って勧めるのはためらうタイプの面白さだ・・・・・・」(それなんてソラリス)

いじめに対して反逆を決意した、少年少女の青春ラブストーリー。
そう言っても(たぶん)間違っていないはずなのに、どうしてこれほど歪んだ作品となってしまうのか。
暴走する少年達。止まらない嗜虐心。サディスティックに猟奇的な、とあるクラスの物語です。
疾走感のある展開と、どこまでも堕ちていくような錯覚を覚えさせる雰囲気はとにかく素晴らしかったです。
心の準備ができた方から、是非どうぞ・・・・・・(;`・ω・)

☆あらすじ☆
謎の転校生にクラスは全滅させられる……
いじめが横行するクラスで日常を送る伊園は傍観者を貫いていた。だが湊里香が転校してきてから、すべては一変する。いじめのターゲットにされても動じない彼女はあるとき伊園を呼び出した。湊にある秘密を知られた伊園は、流されるまま彼女との同棲生活をスタートさせる。彼女の目的は一体何なのかと困惑する伊園に湊はあることを提案する。それはいじめのリーダーカップルに反撃すること。はじめは気乗りしなかった伊園も、次第に湊の意見に賛同するように。いじめのターゲットの原を巻き込み、三人の過激な反乱が始まる。だが、湊が求めていたのは、いじめを止めさせることなどではなかった……。第4回講談社ラノベ文庫新人賞佳作受賞作。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ラン・オーバー

仮面婚約のたしなみ2 ウソと誓いの花嫁修業!?

『仮面婚約のたしなみ ウソと誓いの花嫁修業!?』(麻木琴加著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

仮面婚約のたしなみ  ウソと誓いの花嫁修業!? (角川ビーンズ文庫)
仮面婚約のたしなみ ウソと誓いの花嫁修業!? (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
仮面婚約のたしなみ 騎士と淑女のかけもち生活!? | 晴れたら読書を

2015年7月刊。
男装貴族令嬢が「女装」して王様の影の警護と婚約者業を頑張るシリーズ第2弾。
前巻のオチが良い具合に活用されていてニヤリとしてしまいました。
今回も面白かったです。しかしこのすれ違いはずっと続くのだろうか・・・・・・(・ω・;)

☆あらすじ☆
お家存続のために男装し、近衛隊の完璧王子・ルティウスとして活躍するルティア。護衛ミッションで若き国王・ヴァイスに近づこうと正体を隠し、姫に女装(?)したら、なぜか『婚約者』確定…!?交換日記から始めるハズが、「俺も、おまえに会いたかったんだ」と強引に迫られ、大パニック!しかも、ヴァイスが抜き打ちで“ルティウス”に会いに来て!?大混乱のかけもち生活、第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 仮面婚約のたしなみ2 ウソと誓いの花嫁修業!?

【雑記】2015.7.5

明日は月曜という日曜お昼です。あと数時間・・・・・・

1.HJ文庫電子書籍セールはあと2日!
2.「趣味は読書です」
3.ブログ持ちなら、好きラノに投票しませんか
4.一言に「魔法」といってもその中身は千差万別
5.書籍化作家が絶対にやってはいけないこと

以下に続きます(`・ω・´)ノ

続きを読む 【雑記】2015.7.5