世界の終わりの世界録4 異端の覇王

『世界の終わりの世界録4 異端の王』(細音啓著/MF文庫J)★★★☆☆

世界の終わりの世界録<アンコール>4 異端の覇王 (MF文庫J)
世界の終わりの世界録<アンコール>4 異端の覇王 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
世界の終わりの世界録3 熾天の女神 | 晴れたら読書を

2015年6月刊。
メディアミックスが展開されまくってノリに乗ってる王道ファンタジーの第4巻。
今回は大量の情報が開かれ、伏線を置きまくった巻という印象。
物語がどこへ向かうのか、徐々に示される道筋にゾクゾクします。
それはそうと、はっちゃけた三大姫が楽しそうで和みましたw

☆あらすじ☆
伝説の英勇エルラインが遺した至宝「世界録」。その在り処を世界中の国や旅団が探し求める時代――聖女エリエスとの邂逅を経て、揺るぎない決意を胸に刻んだレン。次の目的地として一行は、不穏な動きを見せる「王立七十二階位特務騎士団」の真意を測るべく、エリエスの「カナン巡礼聖教船」と共に覇都エルメキアを目指す。待ち受けるのは、世界最強の男・騎士王ゼルブライト、そして精霊の怯えの正体を探る剣聖シオン。「みんな気づいたんだよ。もしレンに『英勇の資格』なんて呼べるものがあるとすれば、それは――」。偽英勇は、やがて伝説となる英雄たちの輪舞曲の中心で、その存在を証明する――いま、最も王道を行くファンタジー、騒乱の第4弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の終わりの世界録4 異端の覇王