ありふれた職業で世界最強1


『ありふれた職業で世界最強1』(白米良著/オーバーラップ文庫)★★★☆☆

ありふれた職業で世界最強 1 (オーバーラップ文庫)
ありふれた職業で世界最強 1 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年6月刊。
クラス全員まるごと異世界召喚されてしまったいじめられっ子が主人公のファンタジー。
序盤はなかなかもどかしい展開が続きますが、それを踏まえるからこそ中盤で主人公が最強への道に進む展開が熱かったです。
「ありふれた職業」によって次々と生まれるアイテムにワクワクしましたし、可愛い吸血鬼とのイチャラブも良かった。
今後の展開が楽しみな新作です٩( ‘ω’ )و

☆あらすじ☆
「俺がユエを、ユエが俺を守る。それで最強だ。全部薙ぎ倒して世界を越えよう」
〝いじめられっ子〝の南雲ハジメは、クラスメイトと共に異世界へ召喚されてしまう。クラスメイトが次々に戦闘向きのチート能力を発現するなかで、地味な錬成師となってしまったハジメ。異世界でも最弱の彼は、クラスメイトの悪意によって迷宮の奈落に突き落とされてしまう。魔物が蠢く絶望のなか、ハジメは最強へ至る活路を開き、吸血鬼のユエと運命の出会いを果たす――。
WEB上で絶大な人気を誇る異世界ファンタジー小説が、番外編「勝率0パーセントの戦い」も収録されてついに書籍化!

以下、ネタバレありの感想です。

 

クラスの人気者になぜか構われるためにイジメに遭っていた高校生南雲ハジメ
ある日、彼と彼のクラスメイト全員が異世界トータスに召喚されてしまいます。

 

序盤の流れや基本的な設定はまさに異世界召喚モノのお約束。
ほぼ流し読みしても問題ない、というか作中でもテンプレ乙な感じで語られていきます。
まぁ、ラストで前提がガクガク揺さぶられるので、ここらへんでハジメが抱く異世界への違和感は覚えていたほうが良いのですけど。

 

そして異世界召喚=チートゲットだろ!ていうテンプレそのままに、勇者である天之河光輝を筆頭にクラスメイトたちは多くのチートスペックを手に入れます。

 

しかし、ここでテンプレから外れてしまうのが主人公。

 

勇者一行の一員のはずが、なぜかハジメだけスペックが平凡。
才能を意味する「天職」も異世界にありふれた「錬成師」。
あっという間に「無能」「役立たず」のレッテルが貼られ、ハジメは現実世界と同じポジションに留められてしまうのです。
むしろ訓練と称して暴行を受ける分、イジメは悪化したともいえる(´Д`;)

 

そんな弱々しいハジメですが、中盤、オルクス大迷宮探索中にクラスメイト・檜山の悪意によって奈落に突き落とされてから驚愕の変貌を遂げることに。

 

本当に驚愕・・・・・・。
生き残るために必死に這いずり、魔物の血肉を啜り、ヘタレメンタルすら強靱なものに変貌させたハジメ。
一人称も口調もまるで別人になってしまいました。マジで誰だよコイツってなります(;・∀・)

 

何も持たない主人公だったはずが、みるみるうちに何でも持ってる俺TUEE系チート主人公へ。
勇者の光輝とか当て馬にすらならないレベル。
「レベル:???」とか表示されちゃってたときには思わず笑ってしまいましたw

 

ただ、ちょっとやりすぎかなぁ?
魔物の肉で魔物の力を吸収するという設定は面白いとは思うんですが、そうは言っても悪ノリを感じるほどに盛りすぎな気が。

 

まぁ私が行き過ぎたチートはあまり好きじゃないってだけなんですけどね(´・ω・`)
左腕の欠損とか片目の失明とかでハンデを感じられたら良かったのかも。
ハジメが普通に戦いすぎて、隻腕な感じがあまり伝わらなかったのは残念でした。

 

もっとも、錬成師の職業をフル活用した序盤の戦い方とか、次々と生み出されるアイテムは面白かったしワクワクしました。
ハジメのチートの大部分はドンナーなどのアイテムに頼るものとはいえ、力押しばかりになるのはちょっと勿体ない。
今後はアイテムを使ったトリッキーなバトルが見れないかなぁとちょっと期待してます。

 

少し不満点はありましたが、バトルバトルなダンジョン攻略はとても面白かったですし、絶望から這い上がるハジメの凄絶な生への渇望は読み応え満点でした。

 

迷宮内で出会った吸血鬼ユエとのラブコメも可愛かったですし。
終盤や番外編は吸血鬼というよりサキュバスみたいになってましたがww
孤独を抱えて寄り添うカップルというのは大好物なのでとても良かったです٩( ‘ω’ )و

 

しかし、ハジメとユエのコンビってチート×チートだよなぁ。

 

今後は現実世界へ帰還する手がかりを求めて残る大迷宮を攻略していくことになる様子。
異世界の戦争は神様のゲーム、みたいな話が出てきたのですが、そこには突っ込まないのかな?いや、そんなはずないですね。

 

ハジメはスペック的に今後の探索も問題なさそうですが、気になるのはクラスメイトたち。
彼らは予定通り魔物や魔人と戦争をすることになるのでしょうが、先行き不穏だなぁ。

 

それに、ハジメに想いを寄せる香織がどうなるのかもドキドキです。
あれだけメインヒロインオーラを出しといて、修羅場にならないはずがない(((゜Д゜;)))

 

とりあえず2巻を待ちたいと思いますヾ(*˙︶˙*)

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。