クズだけど異能バトルで覇権狙ってみた


『クズだけど異能バトルで覇権狙ってみた』(三門鉄狼著/MF文庫J)★★★☆☆

クズだけど異能バトルで覇権狙ってみた (MF文庫J)
クズだけど異能バトルで覇権狙ってみた (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年6月刊。
クズな主人公が神様とコンビを組んで、世界を滅ぼすために異能バトルするお話。
正々堂々戦わない主人公が小悪党なのか格好いいのかよく分からない、不思議なキャラで面白かったですw
いや、格好いいんだろう多分。格好いいのかな?
割と考えることもやってることも卑怯でクズいんですよねー。
でもそれだけじゃない。
終盤のスカっとする爽快感はなかなか良かったです。
シリーズ化してほしいなー(*´∀`)

☆あらすじ☆
死んだ魚のような目をした男子高校生、神薙アスマ。友情や信頼は全て偽物だと考え、自分で自分を「クズ」と言う彼の元に、ハイテンションな女神アルテミスが現れる。アルテミス曰く、神と人がタッグを組んで戦う“最終戦争”で勝ち残れば、どんな願いでも叶うのだという。しかし、“最終戦争”への参戦を決めたアスマの願いは―世界を滅ぼすこと!?ボッチなクズが世界滅亡を目指す、残念系異能バトル開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

 

《叛逆》という信念のもと、女神アルテミスとコンビを組んで〈最終戦争〉を戦う神薙アスマ

彼の目的は、他の神と〈転聖者〉のコンビを倒し、〈最終戦争〉に勝ち残ることで唯一叶えられる願いで世界を滅ぼすこと。

 

もう、行動原理も言動も目的も何もかもがクズい。
見事なまでに悪役キャラです。

露悪的だったり偽悪的だったりする主人公は他でも見かけますが、アスマは動機が微妙すぎるためか、小悪党っぷりがすごいんですよね(; ・`д・´)

世界を嫌う大きな理由があるわけでもなく、これまでの人生で少しずつ自分のクズっぷりを磨いていったアスマ。
引き金となった出来事はあれど、それがアスマがクズであることの根幹ではない。
なので誤解が解消してもアスマのクズは治らないんです。これがすごい。重症です。

 

ある意味、下手に立派な信念をもってクズであることよりタチが悪いといえるのではないでしょうか。
個人的にはもうちょっと物語的に壮大な理由をもってクズであってほしい気もしましたが、これはこれで面白いのかもしれない。

 

アスマの相棒であるアルテミスについては、女神というより色魔・・・・・・
可愛かったですけど、ポンコツすぎですw
イシュタルもポンコツだし、もしかしたらこの世界の神様は(ry

 

で、今回はアスマが、彼がクズになる引き金を引いた幼なじみと敵対するお話。

 

宗也が完全に「それなんてラノベ?」なキャラで苦笑いだったのですが、アスマが完膚なきまでに叩き潰したのを見てなぜか胸がスッとしてしまいましたw
実力行使で勝てないなら、外堀固めて信念をへし折ってやれ!っていう発想が楽しいですね←

まぁ、熱血主人公は嫌いじゃないけど押しつけがましいのはウザいです。
宗也の場合、独りよがりでこじらせていたことも発覚したわけですし。

 

そんな宗也の信念に縛られ、アスマによって解放されたもうひとりの幼なじみマシロ
マシロの方がよっぽどクズになりそうな事情で驚きました・・・・・・これはきつい(´・ω・`)

 

今回アスマがやったことはクズで卑怯で卑劣なことばかりでしたが、マシロに対してはちゃんと主人公をしていたんじゃないでしょうか。
やっぱり彼の信念って〈救済〉なのかな?
そうすると「世界を滅ぼす」という願いの意味も何だか変わってきそうな気もします。

 

果たして、アスマの望みは叶うのか。

 

シリーズ化すれば世界滅亡一直線なわけですが、ぜひ続きが読みたいですヾ(*˙︶˙*)

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。